Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝 レビュー

私がゲームの世界に浸ったきっかけになったと言っても過言ではない作品です。

主人公は帝国将軍の一人息子。何不自由無く暮らしてきた主人公がある日その帝国に反旗を翻し、仲間とともに闘っていくそんな物語のRPG。

まだPS時代のソフトですし、10年以上前の物なので綺麗なCGやアニメーション等は全く期待出来ません。
しかし、それを差し引いても未だに十分に満足の出来るゲームだと思います。

キャラクター、音楽、世界観どれを取っても素晴らしいです。

主人公には全く台詞は無く、たまの選択肢で応えを返すくらいです。
しかし、物語の中で主人公の感情、想いが伝わってきて、主人公にどっぷりと感情移入してしまうような出来になっています。

物語としては文句なしに感動出来ます。

戦闘は他のRPGに比べると比較的易しめで、程よい難易度だと思います。テンポ良く進めて行けるのではないかと。
普段の敵とのエンカウントではコマンドの『オススメ』で十分戦えます。ボス戦になるとそうも行きませんが。

後はこの幻想水滸伝の魅力は様々な紋章の魔法攻撃ですね。
シリーズを通しての大きな謎としてある『27の真なる紋章』の存在も今後として気になるところです。

ただ宿星となる仲間が主人公合わせて総勢108人。
自力では若干難しいかもしれません。

しかし、108人揃えるとハッピーエンドが待っていますし、達成感は何とも言い難いものです。
プレイされるなら、是非108人を揃えてほしいです。

私が自信を持ってオススメ出来る数少ないゲームです。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。