Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末のフール 伊坂幸太郎

八年後、地球に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。
突如そう予告され5年が過ぎ、初期の混乱が小康状態となった。地球の滅亡まで後3年、混乱初期の暴動、パニック、そういったモノを乗り切り、乗り切らされ、流されるまま…どのような形であれ生き延びた人達の日常を描いている。
8つの短編集の様に構成されているが、世界が後3年で終わってしまうという大きな背景と、登場人物は同じマンションに住んでいる者同士であり、それぞれの話の登場人物同士がちょこちょこと繋がっているので短編集と言うよりかは一つの物語として読めるのである。

世界が終ってしまうまで後8年というのは決して短くない。かといって長くもない。
普通の生活を送っている最中に突然「あと8年で世界は滅んでしまいます」と言われてもその時は実感も湧かないだろう。少しずつ時間が経つにつれて世界の滅亡という事実は間違いではないのだと徐々に人々は認識していき、パニックになり、自棄になって暴徒化してしまう人、絶望して自ら命を絶ってしまったりする人、全くの架空の話なのだが妙にリアリティもある。
8つの短編の主人公たちは皆、これまでの人生の中で(多くはこの滅亡騒動の中で)自分の大切な人を亡くしている。
それでも彼らは現在を逞しく、また怯え、憤り、哀しみながら生きているのである。

自分の人生が残り3年という境地に立ち、如何に生きていくかに悩みながら、自分なりの生き方の答えを見つけてそして異常で平凡な日常を送っていこうとする姿に何度も心打たれた。
個人的には『太陽のヨール』が一番印象深い。
世界が後3年しか無い中で子供を授かり、産むべきか産まないべきか。
人生が3年しか無いと解ってて産まれてくるのが幸せか、そんな解りきった未来があるならいっそ産まれずにいた方が幸せなのか…正解というものは無いだろう。

8人の主人公それぞれが、日常を過ごしながらそれぞれの話が終わる。
滅亡を回避する為に何か劇的な事をするとか、そういう事は無く、ただただそれぞれ自分の思うようにやけくそでなく自分の意思で行動に移している。
8通りのそれぞれのこれからの行動、それが8人の主人公達が辿りついた人生観であり『生き方』なのだろう。

決してやけくそでなく、自分の思う様に自分で決め、行動していく。
日常の些細なことでもだ。
その些細な日常の積み重ねこそが『生きる』という事なのだろう。
それに意味を見出せるか、どうでもいいと思うか、それはその人それぞれの人生観なのだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。