Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遙かなる時空の中で3 運命の迷宮 レビュー

遙か3大団円エンディングの後、八葉達が元の世界に帰れなくなり、そんな八葉達と恋愛を育むゲーム。

正直な所、二番煎じな感は否めない。

無理に出さなくても良かったんじゃないかなぁと言った感じですかね。

現代ならではのイベントもあって、もちろん楽しめるんですが、恋愛ルートとなるとどのキャラも話が基本的に一緒なのでいまひとつでした。
イベント一つ一つは楽しませてもらいましたが。

恋愛エンディングも『で、それで二人はどうなったの?』なものが多く、前作、前々作と比べるとどうもトキメキ感も少なく感じました。
敢えて言うなら敦盛は中々に男前だったと思います。
謎のキャラ(謎とは言え丸解りですが)幻影も平家キャラ二人のルートではかなり良い見せ場がありましたが、他の場面では結局どういうポジションなのか、いまひとつ解らないというか、印象が薄いです。

RPG場面はとにかく操作しにくい。
どっちの方向キーを押したらどっちに動くのか慣れない内はかなりイライラさせられました。
戦闘は前々からのシステムと一緒なのでやりやすいです。

ダンジョン内で神子の記憶のかけらを拾っていくのですが、全部で208個…これを集めると前2作のイベント回想が見られるとあっても、私は途中で挫折しました。

イベントもなく、操作もしにくいダンジョン内でのこの作業は正直厳しかったです。

楽しめる要素も有るだけに、残念な出来かなぁと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。