Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛葉ライドウ対アバドン王 プレイ後の感想

超力兵団をクリアしてすぐにプレイ。
システムや戦闘など、ほとんど前作と一緒でマップなどは新しく追加されている場所ももちろんありますがそれ以外は悪く言えば使い回しです。まぁこの辺は評価の分かれる所なんでしょうが…私としてはこれはこれで良いのかなと思います。主人公やメインキャラは前作と全く一緒でマップだけガラリと変えられてもそれはそれで不自然なのではないでしょうか。

前作から少し年月が経過している設定っぽいですが、直接的なストーリーの繋がりは無いので前作をやっていなくても楽しめる作品です。
一応前作のクリアデータが有ると微々たる特典(まぁそこそこありがたい)は付いてきます。

ストーリーとしては…まぁ普通というか、特別素晴らしいという程でも無く、まぁこういう話なんだなといった感じ。
エンディングがライドウの性格によって2パターン用意されてますが、どっちに進むにしろ大団円でめでたしめでたしとはいかない所が良くも悪くも、今回の『葛葉ライドウ』なんでしょうね。
ただ、どっちの性格が正しくて、どっちの性格が間違いでとかではなく…かといって中立的でもそれはそれで間違いではないのです。なので、片方だけをグッドにも出来ないし、片方をバッドにも出来ないのです。なので、あのエンディング以上のものは作れないのだと思います。
まぁあのどっちかのキャラがいきなり敵になってしまう辺りはちょっと無理やりかなぁと思わなくもなかったですけどね。プレイ感想でも書きましたが『自分が楽になりたいからアンタ死んでちょうだい』ってねぇ…そりゃないよアンタ。

次にシステム的な事。
今作から新たに『別件依頼』という所謂サブイベントの様なものが追加されています。
これにやりがいを感じるか、面倒臭さを感じるか…これによってこの今作の評価が分かれると思います。
そう、この別件依頼のボリュームが物凄い。
貴重なアイテムを手に入れられるものであったり、本編を進める上で必ずクリアしておかなければならないもの、資金稼ぎにもってこいの物、正直どうでもいいようなただ面倒臭いもの等等、色々用意されています。
本編の箸休め的に私は結構楽しかったのですが、本編のボリュームから言えば、少々多すぎではなかろうかと思います。2周目に行かないとクリアできない依頼というものも有ってやり応えももちろんあるんですが、私はだれてしまいました。

次に仲魔になる悪魔たち…『仲魔』について。
前作から比べて大増量です。
色んな悪魔を使ってみたい私にとってはとても楽しいものでした。

仲魔をゲットするにはエンカウント中に悪魔と交渉する所謂『悪魔会話』や悪魔と悪魔を合体させたりします。
その悪魔会話なんですが…正直微妙。
悪魔と交渉というそれ自体は楽しいものなんですが、結局最後にはMAG、HP、アイテム、金のどれかを払わされる訳で段々飽きてきました。
更に時々、悪魔の方から話しかけられる事もあるんですが、こちらから打ち切るシステムが無い為、結局最終的には↑の4つのうちのどれかを捧げさせられる事になるわけです。そっちから話しかけておいて「で、自分に何か用事が有るんでしょう?」とか言われるんですが、何か理不尽さを感じざるを得ませんでした。
『悪魔との交渉』というもの自体は良い発想なのに、惜しいです。

バトルは前作と同様にアクション仕様です。
今回は前作に無かった『回避アクション』が追加。これにより、戦闘がだいぶ楽になりました。
仲魔も前作に比べてだいぶ賢くなった。
悪魔のスキルを使うのにMAGというものを使いますが、敵の弱点を突いて会心を出していけばMAGが回復されていきますので、敵の弱点さえつけば、MAG不足に陥る事も無く、惜し気もなく悪魔のスキルを使う事が出来ます。
バトルの戦闘レベルも高くないし、序盤のチュートリアルで細かく説明もしてくれるのでアクション初心者でも十分にクリアできます。

アトラス独特のグロさ、絵柄、大正時代の独特の雰囲気が好きな方は満足できる作品なのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。