Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遙かなる時空の中で3 十六夜記 レビュー

遙か3の追加ディスクです。
内容は遙か3とほぼ一緒で、恋愛対象キャラと前作のキャラ達の恋愛イベントが増えています。

前作で平知盛が好きだった方には嬉しいのではないでしょうか。

ただこの知盛を攻略するのには少々やっかいで、もしこれからプレイする方がいらっしゃるのなら、神子の属性は金と木以外にした方が良いかと。

システムとしては、前作のディスクを持ってないと恋愛イベントやエンディングが見れなく作ってあるのには少々頂けない。特に知盛の攻略が結構なパーセンテージを占めてるであろうこのゲームですが、彼を攻略するのに、十六夜ディスク一本では攻略出来ない辺り『やられた』感がありますね。

前作ディスクと十六夜ディスクを交互に入れて読み込んで…というMIXJOYはかなりめんどくさい。制作者側の意図的なものも感じるので尚更『どうなのかな?』と思ってしまいます。

八葉達の十六夜エンディングは、キャラによりけりだったと思います。
キャラによっては大いに感動出来るストーリーですが、また一方でキャラによっては『ふーん』で終わってしまうものもありました。

個人的には朔のエンディングが無いのが不満です(笑)

後は新ルートの平泉ルート、決して悪いとは言わないんですが、某キャラの裏切りは某キャラルートのみで良かったのではないかと。

八葉の意味が無くないか?

一人欠けたままで『八葉って何やねん』と私は思ったので。新キャラの位置付けの為かなぁとも思いますが、もう少しどうにかなったとも思います。

とは言え、遙か3が好きな方で、遙か3ディスクを持っている方には十分楽しめる内容だと思います。

結構色々言われているゲームですが、私はそれなりに楽しめたと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。