Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニーアレプリカント クリア後の感想(レビューの様なもの)

さて、ニーアの余韻が残ってる内に書いてしまいたいと思います。

舞台は東京。
逆立ちしても東京には見えませんが、1432年後の東京です。
少年ニーア(名前変更可)は、病弱な妹と二人暮らし。
村の人々から、小さな請負仕事を毎日しながら、慎ましく暮らしている。
黒紋病に掛かってしまった妹ヨナを助ける為に、白の書と共に手探りで、黒の書を探して旅をする。
しかし、あと少しという所で、ヨナは魔王に連れ去られてしまう。
それから5年。
ニーアはヨナを助ける為に魔王の居場所を探し続ける日々を送っていた。
二刀流の女剣士カイネと魔法使いエミールと共にニーアは旅を続け、その結末は……

まぁサクッと書くとこんな感じ。

全体的にはっきり言って話は暗いです。
ゲームのジャケットにもしっかりと書いてはあります。
『その戦いは 正義を 求めてはいない』
全くもってその通りのストーリー展開です。
ハッピーな展開は勿論、清々しい結末なんて期待してはいけません。
この辺を好むか好まないかは、人それぞれでしょう。
本当に、人を選ぶゲームですね。
全体的に本筋の話は短いです。ただ、それを補って余る位に話の内容が良くも悪くも濃い。
話の重さ、暗さを思うと、ちょうど良いのだと思います。
後は、このゲームでもサブイベント的な位置づけとしてクエストがあります。
昨今のゲームではこういったシステムをよく見かけますね。
そして、このゲームはマルチエンディングとなっていて、A,B,C,Dと全部で4種類のエンディングを見る事が出来ます。本筋はAエンディングなんだと思います。BはAルートを違う側面で見た話、C,Dはおまけといった印象です。まぁおまけにしては重すぎるとは思いますけどね・・。
ただ、1周目だけでは、このゲームの世界観や、話の核心的な所などは解りにくいかとは思います。
正直全部のエンディングを見ても、公式サイトや攻略本のショートストーリーを読んで、更には想像で補わないといけない部分も少なくは無いので、この辺がちょっと不親切にも思えました。
2周目以後は、レベル、アイテム、各習得率、クエスト達成率、所持金全て引き継ぐ上に、出てくる敵は全て1周目と一緒なので、サクサク進められるかと思います。
人によっては温いと思われるかと思いますが、先ほども書いた通り、あの話の内容の濃さ、重さを考えたら、やはりちょうど良かったと私は思います。
散々暗い暗いと連呼してきましたが白の書、カイネ、エミールこの仲間達との会話が楽しくて、息の詰まりそうな話の展開の中で、ホッと一息つけてもいました。
この辺のバランスは、このゲームにおいては本当に絶妙だったと思っています。
難易度もEASY、NORMAL、HARDと選べる事が出来て、更に途中で変える事も可能。
アイテム集めしたいしHARDにして良い素材を手に入れやすくしたり、ボス戦が苦手だからボスの時はEASYにしたり…といった事ができるので、かなり親切です。

次にバトルについて。
バトルはアクションです。攻撃範囲も広く、戦いやすかったと思います。
仲間達に関しては、攻撃、援護、防御を命令できるだけで、後は勝手に動いてくれてて仲間達に関しては戦闘不能になる事もなかったので、戦闘中は事実ニーアしか動かす事はありません。
なので、仲間と一緒に戦ってるという様な感覚はあんまりありませんでした。まぁ敢えてこういう形にしたんだろうなとは思うんですけどもちょっと寂しかったのも事実です。
魔法攻撃に関しては白の書の力を利用したものになってて、計8種類の魔法を覚える事が出来ます。
でも、実際の所、使ってたのは2種類だけでした。
ボス戦に至っては、近接武器でガシガシ叩くか、黒の槍で遠くから狙い撃ちしてただけです。
なので、もう少し色んな技が使えるような戦闘システムであったり敵のバリエーションが有ってもよかったかなぁとは個人的に思います。

後気になったのは画面酔い。
あんまり普段酔うタイプではないんですけどね、私は;;
ただ、酔ったのは一定の街だけですし、酔わないって人もおられるので、これは何とも言えないかなぁ。

音楽、流れてるBGMはとっても良いです。
まさにこのニーアレプリカントの世界観にピッタリです。


良かったら聞いてみてください^^


基本的には良作だと思います。
ただ、万人受けはしない人を選ぶゲーム。
暗い、重いと思えるのは、私達が普段、よく感じていたり、目にしていたりする人間の黒い部分が多く盛り込まれてるからなんだと思います。
その中で、胸熱くなった所や、涙しながらコントローラーを握りしめていた事もしばしば。
★5つを満点とすると良作なんだけど、万人受けはしないという事で3,5。
ただ鬱ゲーだという事で、未プレイにするのは惜しい。
一度は手にとっても、損は無いと思います。
ただ、プレイされる際は、心が重くなるかもしれない事は覚悟しておいて下さい(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。