Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大神 攻略日記18

ポンコタンをウロウロして、宝箱探したり住民に話しかけたりしました。
イッシャク爺にも会いました。
先代のアマテラスと一緒に旅したんですね。
今のアマ公は、全盛の頃の力には全く及んでないそうですけども…。
天道太子を選んで行けって言われるけど、もう相棒はイッスンだしねぇ。

ピリカは幽門扉とやらに吸い込まれていったという情報も得ました。
まぁ行くしかなさそうですね…。

外でイッスンに話しかけて、幽門扉に案内してくれる事に。
ポンコタンの裏にあるヨシペタイ奥地を時間制限付きで、さっきのカイポクのと一緒で駆け抜けていくわけですけども、何回も何回もやり直しました。
もう無理かと思った。
とりあえずコツ?とは行かないかもですが、氷柱とか雪だるまに当たって氷ったら一閃。雪だるまは道の端っこの方を走るように心掛けるとまだ当たりにくかったかな。
後は、スタートしたら□ボタン押してダッシュするのと、壁足で進む所は一発で通り抜けること。
一回でも落ちたらタイムロスでダメかもしれません。まぁそこに辿りついた時点での残り時間にもよるけど。
他のブログさんとか見てても、この辺はサクッと書かれてたりするので、単に私が下手糞なだけなのかもしれません。

やっとの思いで、幽門扉の前までたどり着くと、イッスンが扉を開けてくれました。
あれ?イッシャク爺の何とかっていう刀じゃないとダメなんじゃなかったっけ??ま、いいか。
いつの間にかオキクルミもついてきてました。
剣に取り憑かれた様に、勝手に入って行ってしまいました。
ピリカもですが、このオキクルミも放っとけないので、アマテラスも続きます。

出た先は神木村でした。
しかし、何だか様子は変。
皆、アマテラスには敵意丸出しだし、子どもに殴られるし…。

スサノオのおっさんを叩き起こして…と思ったらイザナギでした。

ここは100年前の神木村だったんですね。
ミカン爺もハッサク爺でしたし。
そうそう、ここではアマテラス…シラヌイは敵なんでした。

イザナギに襲われ、容赦なくぶちのめす。
そんな時、白羽の矢がイザナミの家に刺さりました。

あら、おっさん伸びてるよ…このままじゃイザナミは祠に行っちゃいそうだし、歴史が変わってしまう…って事で、ピリカどころの話では無い・・何とかしないと!

滝で禊ぎ中のイザナミの白装束をそーっとかっぱらいました。
ちょっとの物音ですぐ気付くからもう、何回もやり直しましたよ(笑)

あの時の様に、十六夜の祠へイザナギを担いで行きます。まぁあの時はクシナダ姉ちゃんでしたけどね。
どうせ乗せるならイザナミの姉ちゃんが良かったぜ(笑)
十六夜の祠に入ると、やっとイザナギがお目覚め。
何故か、オキクルミもいました。
敵の真ん中にはピリカもいた!
てか、オキクルミ、無謀な事はやめなさい!

真・ヤマタノオロチと戦闘。
戦い方は、ヤマタノオロチと全く一緒だから、あんまり苦労しなかったわ。

オキクルミの剣は全く光らず、それどころかあっさりと彼は飛ばされてしまってました。
そしてイザナギ参上~お前今まで何してた…?
世話の焼ける一族だな…月を出して、はい、また手伝うのね。
まぁ最後はスサノオと同じく、決めてくれたけどね。
天叢雲剣をゲット。ピリカも無事です。

そこに余力を残してたオロチが放った大岩がイザナギを押しつぶそうとした所を助けたのが、先代のアマテラスでした。
何て神々しい…何て勇ましい…。
100年前の伝説ではこんな事があったのか…。

崩れ始める祠からダッシュで逃げて、抜け出すと幽門扉の前でした。

そしてカムイでは玄冬の蝕が始まろうとしてました。
玄冬ってみると花帰葬を思い出すわ(笑)←関係ない

カムイは猛吹雪…前も見えにくいぐらいですよ。
ピリカを背負って祭壇まで行きますが、誰もいねぇ…。
吹雪の原因は、オキクルミがイリワク神殿に向かう為にトゥスクルの家の横の大門を開けたから。
村の為っていってもこんな有り様じゃ元も子も無いんじゃないのか…。

ピリカに祈祷は任せて我々はオキクルミを追ってイリワク神殿に行きたいと思います。


大神 攻略日記 目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。