Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝 ティアクライス クリア後感想(レビューの様なもの)

一つのゲームをクリアしたら、即、次のゲームに移ってしまう私ですので、今のうちにさっさとレビューは書いてしまいたいと思います。

新たなる幻想水滸伝新章として2008年に発売されました。
新章という事で、1~5までの世界とは全く別の世界での話という事もあって、世界観も違うしシステムも違うし、1~5まで共通でいたキャラ(ビッキーとかジーンさんとかね)は全く出てきません。
そもそもこのティアクライスでは複数の世界が存在している百万世界の内の一つの世界であり、また1~5での世界もそのうちの一つというのをどこかで見かけた事があります。
そう考えれば、1~5の幻水とはシステムや文化などが違った幻水という設定も納得できます。

それでは一つ一つ、突いていきたいと思います。

まずはストーリーから。
幻想水滸伝と言えば、やはりストーリーの厚み、重み、面白さ。この3つがこれまでの作品でも兼ね備えているものが多いのですが、ティアクライスでも、そのストーリの厚み、重み、面白さは申し分ないと言って良いでしょう。最初の方は1~5とは違った雰囲気の中で戸惑いの方が多く感じていたのですが、話を進めるごとにストーリー展開が気になって仕方がなくなる位に引き込まれていくものでした。
これまでは人対人、もしくは国対国の争い事(3はちょっと違った気もするけど)が多く取り入れられていたのに対して、ティアクライスは百万世界そのものを巻き込んでる訳ですから、スケールがでかい。
そして今作は天魁星であるリーダーが、これまでの1.2.4.5と違い、個性むき出しのキャラになっています。何も考えていないようで、でも自分の根元にある所は最後までブレない。一軍のリーダーとしての理想的な器だと私個人としては思うのです。細かい所まで考えて綿密な策を立てるリーダーや、カリスマワンマンなリーダーも勿論それはそれで魅力なのですが、組織としてもリーダーとしても一番長続きするのはこの主人公君みたいなリーダーなのだと私は思います。
そんな主人公君ですから、最後まで明るい気分で、やはりその辺はこれまでの幻水のストーリーとは少し違うのかな。それでも天魁星である主人公が一軍を立ち上げ、軍師がいて、たくさんの仲間達が居て、大きな敵に向かっていくというのは、これまでと変わりない大まかなストーリー展開だとは思います。
これまでと違った幻水…と思いながらも、ふとした所で「あ、やっぱり幻水だ」と思える様なゲームだったと思います。

次にシステム的な事。
正直な感想が、DSでここまでのゲームが作れるんだなという事。
そう感心はしたんですけども、それは裏を返せば、DSじゃなくて他のハードだったらもっと良いのが出来たのかも…というDSの限界の様なものを感じたのが事実です。
タッチペンなんてほとんど使わないし、通信も発売当初なら盛り上がっただろうけども、私の様に今更プレイする人にとっては通信なんて有って無いようなものでした。
RPGなんだから、マップの移動はもちろんあって、3DSでやるならまだスライドパットがあるから操作もしやすいけど、十字キーしか無いDSだったら移動しにくいのなんの…。
後はパーティが4人編成というのはやっぱり少ないです。隊列のマスは6つあるんですけども、そこに入れるのは4人まで。ストーリー上、強制パーティインするキャラがいたら、残り2人の枠って結構狭いですよね。
90人近く戦闘要員がいる訳ですし、ちょっと使いきれない…というか使いきれませんでした。
そして、今作はお風呂イベントや、探偵イベント、ミニゲームの類は全くありません。交易は有りますが、あれは私にとってはミニゲームでは無く金策です(笑)
探偵に関してはクエストの中にあるアーニャの噂話でちょっとその役目をしているかなといった程度で、仲間集めのヒントとかは無いので、攻略サイトや攻略本無しで108人集めるのはかなり至難の業だと思います。
その辺を補う形で、今作はクエストという、ただの街の住民や、仲間達から数々の依頼が舞い込んできてそれを主人公君自ら解決したり、仲間を使って派遣させたり出来るちょっとしたサブイベント的なものがあります。
サブイベント大好きな私は、本編そっちのけでクエスト消化に必死になってたりしたんですけどね。どうでもいいような依頼から、仲間加入に繋がる大事な依頼まで様々でこれはボリューム満点です。おまけ的なものを煩わしく感じるなら、このゲームとはあまり相性は良くないのではと思います。
そして、幻想水滸伝と言えば、数々の紋章から繰り出す魔法が魅力の一つなのですが、今作では紋章という物は出てこず、星の印という名前で魔法が存在しています。ストーリーの中で、必ず全員一つずつ魔法を覚えていく訳なんですが、数あるうちの4つを自分でカスタマイズしていきます。最初の内は、自分なりにキャラをどのように育てて行こうか、どのようなタイプのキャラにしていこうか考えるのが楽しいのですが、仲間の数が増えるにつれ、全員分やるのは、面倒になってしまいました(全員分やってましたけどね)元々1~5でも決まった魔法しか使わなかったりしたので、4つはそこそこ丁度良い数なんですけどもね。そういう意味ではちょっと惜しい。
そして今作では戦争イベントというものがありません。その代わりに集団戦闘イベントとなり、ただ複数の隊をユーザー自身がキャラを振り分け、敵とバトルをしていくシステムになっています。これもハードがDS故なのかなとも思いますが、ストーリー自体、結構長くて厚みもあるので、これくらい簡素化されてた方がちょうどいいかもしれません。人によっては物足りなさを感じるとは思いますが。
後は、今回ビッキーがいないので、各街やダンジョンでワープが出来ません。似たようなシステムでトビラがありましたが、結局あれも全ての街に行ける訳ではないし、あまり使わなかったかな…。
しかもクエストとかで有る場所に強制的に連れて行かれ、そこの用事が終わったらそこのダンジョンで現地解散…徒歩で入口まで戻らないといけないし、普通にエンカウントはあるし(しかも率が微妙に高い)ちょっとイラっとします。まぁ良いレベル上げにはなるんですけどねぇ~。

色々と書いてきましたが、私個人としては非常に楽しめた1本でした。
上記の不満はあるものの、やはり幻水としての話は先にも書いた通り申し分ないと思います。
108星に大きな意味がある時点で私の中ではこのティアクライスは『幻想水滸伝』と位置付ける事の出来るゲームでした。
後半で仲間になるキャラもレベルは上がりやすいし、敵はそんなに強くないし、RPG初心者の方でも十分クリアできるものです。難易度的にはかなり低いので、人によってはヌルすぎる様に感じるかもしれませんが。
掛かってる音楽も素晴らしいです。
DSソフトの中で言えば、名作と言っても差支えないと思います。だからこそ、次作があるなら是非、DS以外のハードで出していただきたいです。
幻水を昔から知ってる方も、幻水を知らない方も、一度プレイして損は無い作品だと思います。
スポンサーサイト

コメント

こんばんはー★

こんばんはー★

早速のまとめ感想アップありがとうございまーす♪
密かにれいらさんの、まとめ感想日記読むの楽しみなんですよね^^
日々の攻略日記は、プレイしていないと分からない内容があっても、このまとめを読むとゲーム全体の雰囲気がすごく分かるので、どんな作品だったのか知る上で、めちゃ参考になりますー♪

>90人近く戦闘要員がいる内での、4人編成PT。

うん、これは確かに、こんなにキャラがいたら、使い切るのは大変かもしんないですね^^;
てか、なんかちょっと勿体ないなーって私も思いました^^
でも、キャラの集めがいは、かなりありそう^^
私も、こういうの集めるの燃えるタイプなんで、頑張っちゃうかもですよ(笑)

>必ず全員一つずつ魔法を覚えていく訳なんですが、数あるうちの4つを自分でカスタマイズしていきます

このカスタマイズ制は、いいですねー♪
やっぱ自由度も多少ないと、飽きちゃうんですよね^^;
確かに、キャラ多い分、だんだん面倒にはなっていくと思います^^;
だいたい、魔法も自分のよく使う系とか、好きな魔法って決まってきますもんねー^^

>DSソフトの中で言えば、名作と言っても差支えないと思います。だからこそ、次作があるなら是非、DS以外のハードで出していただきたいです。

おお!!いただきましたー「名作」!!(笑)
素晴らしい!!^^
いや、今までのれいらさんの攻略日記読ませてもらってても、かなり深そうだし、ボリュームあるし、プレイして損なしって感じだろーなーって印象でした^^
私も、プレイ予定に入れようかなと思ってます^^←

全クリお疲れさまでしたー^^

と思ったら、、、もう大神の日記が(笑)
積みゲー減ってなさげですが(笑)
とりあえず、ドンドンやらねばですね(笑)
そして、大神のプレイ中に、れいらさんの新ソフトがまた増えて行くような気が・・・ww
それが毎回楽しみで仕方ありませんww←

次の大神も名作と名高い作品っぽいので、熱い日記楽しみにしておりますー♪

ではではー^^

あゆじろうさんへ

こんばんは!

おわわわ!!(゚∀゚;)
勿体無いコメントをありがとうございます!!
あんな、好き勝手にダラダラ書いてるだけのレビューもどきに…!!
そう言っていただけると、あんな感想でも書き甲斐がありますよ^^

旧作の作品は4を除いて全部6人パーティなんですよ。
それでも使いきれないキャラもいるので、やっぱり4人はちょっと少ないです…。まぁハードがDSだから仕方がないんでしょうけども…。
カスタマイズ制は、自分の好きなキャラだけを弄るのであれば、まぁまだ面倒さは減るかなと思いますが…;;私の場合は全員分ちまちまとやってたので(苦笑)
全部で12の技を覚えるので、プレイヤーによってつける技が全然違ったりするので、面白いとは思います。

まぁ私個人基準の感想ではありますが、DSであれだけのクオリティの高さはやはり素晴らしいと思います^^
是非、いつかプレイしてみてください!!あ、幻水をされるのであれば、是非Ⅰ&Ⅱ(PSPで出てますよー(笑)もプレイされる事をお勧めします~~^^

いやー、欲しいゲームは買っても尽きないですねwww
買いたいゲームが新たに2~3本既に増えてるの…で…;;
とりあえず大神を頑張ります~~ww

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。