Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い兎が逃げる 有栖川有栖

有栖川有栖著の火村シリーズ『白い兎が逃げる』

追う者と追われる者、いつ逆転したのか。
ハチヤというストーカー行為に悩む、舞台女優清水玲奈から、ストーカーを引き離そうとする亀井と伊能。
しかし、ある日ハチヤが小学校の飼育小屋で遺体で発見され、思わぬ展開に…。

表題作の『白い兎が逃げる』を含む4作品の短編集である。
ページ的には全部中編に当たるらしいのですが…。

各作品ごとの感想です。ネタバレはありませんので、どうぞ。

『不在の証明』
被害者と犯人について、どう思うか、それは読者によるのだろう。
幕切れとしては爽やかではありました。

『地下室での処刑』
非番の森下刑事が偶然に見かけたテロ組織の指名手配犯。警察に連絡しようとした所に頭を殴られ、気がつけば地下室に。そこで行われたある処刑。その処刑の真相…。
そんなのありかよ、と思う様な動機だが、今の世の中を表しているようにも思える。

『比類のない神々しいような瞬間』
ダイイング・メッセージなお話。これを解いても犯人には辿りつけない訳で、最後のネタはそうきたかと。
まぁ納得は納得。

『白い兎が逃げる』
こいつがやったんだろうなぁと思いながら読み進めていると、やっぱり的中しました。とは言え、アリバイを解いた訳でなく、何となくのカンです(ミステリーファンの方からすればフザケた理由でしょうが)終盤になり、犯人の本音や腹の底が一気に見える訳なんですが、その心の小ささが残念。

総合的に、中々に良作だったと思います。
トリックに関しては読む人それぞれ思う事はありましょうが、ストーリーとしてはドキドキハラハラ感を味わう事が出来ました。読んでいって話に徐々に引き込まれていって、早く真相が知りたい、犯人が知りたいと思えるような4作品であったと思います。

やっぱり有栖川作品は、読みやすい。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。