Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝 ティアクライス 攻略日記17

モアナから帝国の使いが来てると言われる。
あんまり気が進まないなぁ…。
まぁその前にミッションの報酬を受け取っておく。そしたら新しいミッションも発生したので、使いに会う前に消化しておく事にしよう。

クエスト『料理人捜索』

シャイラからの依頼でした…。ワスタムという料理人を探してほしいんだと。なんのこっちゃさっぱりわからんので、エル・カーラルにいるアスアドに話を聞きに行く。
エル・カーラル皇宮へ。
アスアド曰く、ワスタムというのは、皇宮の専属料理人だったそうですが、皇帝と、皇妃シャイラはせっかく作った料理も酒で流し込む様に食べてて作り甲斐のない感じだったんだそうで、そんな二人にキレたワスタムは牢屋送りになったんだそうですが、隙を見て脱走。今も帝国のお尋ね者なんだそうです。
何かジャナム帝国…大丈夫か?
アスアドに話聞いといてよかったよねぇ。
依頼は無視で良いとしても、料理人は気になる所。
アスアドにもう一回話しかけてみると「今大変な事になってて、ナキルを使いに出したので話を聞いてほしいと」あー嫌な予感。

それはそうとして、シチューを先日食べたテハの村の宿に行ってみましょう。
宿屋の店員に話を聞くと、既にワスタムは山へ行ってしまい、帝国の軍人も追って行ったんだとか。
チオルイ山脈に急いでいく。
その前に宿屋でパーティ編成。
レベル上げも兼ねて、ムーロとルバイスを入れて行きました。
装備屋でルバイスにハンダーダガー毛皮の靴ムーロにウィングメイル毛皮の靴を買いました。ルバイスにどこぞで拾った忍び服を装備。

チオルイ山脈を山頂に向かって進んでいくと帝国軍人に囲まれたワスタム。ワスタムで戦闘となります。
ワスタム、レベル10しかないけど、敵がクソ弱いので心配は要りません。
その後はワスタムが仲間に。

砦の遺跡にいったん戻り、モアナの所へ。

クエスト『ナイネニスに協会迫る』

おいおいルバイス…前に心配無いって言ってたじゃないのよ…!
ニムニが同行者となり、急いでナイネニスへ。
海岸の洞窟に協会員が迫ってるらしいので、海岸の洞窟へ。
入り口付近で、ドロモン、フェレッカ、シャバックという海賊があっさり撃退してました。
ロノマクアのドロモン海賊団は悪い商人とか質の悪い同業者とかしか狙わない所謂義賊なんだそうです。大宇宙党みたいだな(解る人いるかしら?)
温泉に行くと言って3人は去って行きました。可愛い者大好きなフェレッカはずっとニムニを撫でまくってましたが。
ナイネニスで買い物をしておく。
ムーロにゴールドメイス×2、シルバーブーツ、ルバイスにシルバーブーツを買っておきました。木の棒×2、毛皮の靴×2、ローブを売っておきました。

宿屋の傍にセミアスが立ってました。
主人公君が大物になると思ってなかったからグレイリッジでの賭けはチャラで良いそうです。
そして、シマを変えて一世一代の大ばくちを打つんだと言い、去って行きました。

交易所にも寄っておきます。
ナイネニスに初めて来た時に入口で会ったランブル族のレカレカ、ツフルル親子に会いました。
交易では巨大蟹肉×5を買っておきました。

砦の遺跡に戻り、酒場に行くとセミアスがいた。
一世一代の大ばくち、打っていただきましょう!(笑)
セミアス仲間に。

クエスト『たびたびごめん』

偽マリカからの依頼で、レネゲイドを倒しに行きます。
主人公君の同行を希望。グレイリッジ鉱山はホツバが閉めたはずなんですけど…。
偽マリカの世界のランブル族が間違って開けたんだと…何て余計な事を…。
グレイリッジ鉱山へ強制移動。
偽マリカから、主人公君がまず戦ってみてほしいと。
やっぱり主人公君では倒せない。
そう、さっきからちょいちょい話題になってる主人公君は別世界の人物なのか…と。でもレネゲイドを倒せない所を見ると結局この世界の人間なんでしょうね。
でも扉を通れない…また解らなくなりました…。主人公君は大して気にはしてないんですけどね。
レネゲイドは偽マリカがとどめを刺して終了。
グレイリッジ、せっかく来たので交易所に寄りましたが、目ぼしい物は特になかったので帰ります。

モアナの所でミッションの報酬貰って、ごめんよナキル。
やっと話を聞きに行けそうだ(笑)

+本日加入した仲間達+
ワスタム
セミアス

幻想水滸伝 ティアクライス 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。