Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻想水滸伝 ティアクライス ファーストインプレッション

とりあえず一時間半ほど、最初のミッションを終えた所までプレイしました。
まぁ、何度かプレイしては最初の方で放置のゲームだったんですけども、今回こそは最後まで頑張りたいと思います。

物語的には序盤なので何とも言えないんですけども、これまでの幻水とはやっぱりちょっと雰囲気は違います。
村の自警団の少年達が、あらゆる事件や物事に巻き込まれてやがて大きな敵に立ち向かっていくお話なんですけども、その主人公も何だか訳ありの様子。
その辺の事情は今後物語を進めていく内に明らかになっていくのでしょう。
幻水には珍しい、個性がわりとはっきりしている主人公。
会話の中に時々、選択肢は出てくる所は前作と同じです。
幻水らしからぬと思っていても、やっぱり音楽や世界観は幻水だなぁと思わせてくれるそんな印象です。

バトルもこれまでの幻水とほぼ一緒で、通常攻撃、防御、おススメ攻撃、協力攻撃とコマンドを入力してターンで戦闘を進めていきます。
協力攻撃を見ているとやっぱり幻水っぽさを感じますね。
そして、幻水といえば、何といっても魅力は数々の紋章魔法…と言いたい所ですが、このゲームでは紋章というキーワードは全く出てきません。紋章の代わりに星の印というもので魔法が使われる事になります。
ちょっと寂しい気もしますが、別段やりにくい事は無いですし、これはこれでいいのかもしれません。
今の所、戦闘でやりにくい事はありません。普通にやってれば、普通に戦えるシステムになってると思います。

グラフィックはDS…やっぱりあんまり期待はできませんね。PS3やPSPに慣れてしまってると、やっぱりちょっと粗いですので、グラフィックを期待して買われる方はちょっと粗さが気になると思います。
私はそんなにグラフィックに関してはあんまり気にはしないのですが。
でもやっぱり綺麗とは言わなくても、大きな画面でプレイしたかったのが本音です。

移動に関しては、村や町の中に入ったら、コマンドで行きたい場所を選んで移動するんですね。
例えばAの村の雑貨屋に行きたいならAの村までRPG画面でエンカウントしながら辿りついて、そこからは『雑貨屋』というコマンドを選ぶと。町の中もウロウロしながら雑貨屋や武器屋や、仲間を探したい私にとってはちょっと物足りない気もしないでもないです。

新たな幻想水滸伝、今までとはちょっと違う幻水の世界ですけども、やっぱり幻水らしさも垣間見える感じというのが私の、率直な今の感想です。
どんな幻水の世界を見せてくれるのか、非常に期待できると私は感じています。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは(*^-^*)

こんばんはー♪

またまた遊びに来てしまいしましたー(笑)
次どんなゲームされるのかなー?と思って訪問したら、もう攻略が始まってたので(笑)、おおお!!!ってニヤニヤしてしまいました(笑)

幻想水滸伝は、作品名知ってたのですが、プレイはしたことなくて、結構歴史ある作品なんですねー♪
HPとか見たんですが、面白そうですー!!
自分も、RPG大好きだし、ちょっとここ最近、自分で操作する戦闘してないので(笑)、魔法詠唱したり、防具や武器買ったりしたくなりました(笑)

攻略頑張ってくださいねー♪
れいらさんの日記で、攻略気分を味わいますー♪

あゆじろうさんへ

こんばんは!!

積みゲーを消化するためにも、もう終わったら次!な状態です(笑)
なので、早速次のゲームを攻略し始めてますよw
薄桜鬼、遙か…と恋愛ゲームが続いたので、ここらでやっぱりRPGに戻りたくなって、幻水を選びました。
幻想水滸伝Ⅰが発売されたのは、もう15年程前ですので地味に古いですね^^
もし幻水をプレイされるのなら、是非Ⅰから始める事をお勧めします~!←勝手に(笑)
今ならⅠとⅡがまとめて収録されてPSPにて発売されてますので^^

攻略頑張りますね★
いつもありがとうございます!!

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。