Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遙かなる時空の中で5 攻略メモ1 ※ネタバレはしていません

話は基本的に追いません。
無駄に長くなるし、めんどくさいし(薄桜鬼で懲りた)
ゲームも発売されたばかりですので、ネタバレも宜しくないでしょう。

選んだ選択肢とちょっとした感想にしておきます。

*序章:日常*

まずは名前と誕生日を入力。
名前はデフォルトの蓮水ゆき。まぁ私の場合、薄桜鬼でもそうでしたけど、主人公と各キャラの恋愛模様を第三者の視点で楽しむ感じなので(野次馬のおばちゃん根性)、主人公にデフォルトで名前が有ったらそれにしてます。無かったら適当に別ジャンルのキャラの名前を取ってきたりしています。
例(恋愛ゲームではないが):葛葉ライドウ→桜井京介(これ解る人いるかなぁ?)

誕生日は、1,2,3とは自分の誕生日入れてたんですけどね。3からは特に火属性が個人的に良くて、私の中での神子の属性は火です。3からはバトルが入るようになって、下手したら火属性が天朱雀しかいなくなるんですよ。後は1,2,3と火属性で来てるから4以降も火で揃えたくてね。
しかし4,5は自分の誕生日入れたら違う属性になってしまいました改竄です(笑)
という訳で今回は4月15日(火村英生の誕生日です/これも解る人いるかしら?)

前置きが長くなりましたが(無駄な事書いたからだ)早速物語スタート!

≪選択肢1≫
飛行機らしいものが何もない事
≪選択肢2≫
振り返ってみてみよう

坂本龍馬登場★★★↑
※選択肢1,2はどれを選んでもどの組み合わせにしても登場は龍馬でした。
他に何か変化が有るのかどうかは解らん。
私は神子の表情の違いで選びました。一番凛々しそうに見えるやつ。

≪選択肢3≫
人違いです
※ここは龍馬の返事の違いで選びました。

≪選択肢4≫
ありがとうございます
※天海にたいして何か変わるのかどうかは不明

≪選択肢5≫
どうしてここだけ?

≪選択肢6≫
もうお母さんには会えないの?
※ここは選択肢によって返事をしてくれるキャラが違いました。好感度などの変化が有るのかは不明
・怨霊がいるなんて…桐生瞬
・戦争とか天災とかじゃないよね…桐生崇
・もうお母さんには会えないの?…八雲都

≪選択肢7≫
良かった
※選択肢6と一緒。
・不思議だね…桐生瞬
・良かった…八雲都
・崇くん、たしかめたの?…桐生崇

*一章:動乱*

≪選択肢1≫
帰る家なんて無い
チナミ★★
※選択肢全て都のツッコミが的確で面白かったです。

≪選択肢2≫
何だか気になって
※出来るだけ積極的な選択肢を選んでます。

ここでRPG画面。
エンカウントについて説明があり、折角ですので戦闘していきましょう。
東照宮から民家あたりの一定の距離に近づくと話が進んでしまうので、そこは避けつつ、★を満タンにします。
こまめにクイックセーブしないとうっかり話が進んでしまった時にもう一回やり直しとか辛いので…(何回かやらかした)
怨霊の色…
赤:火 黄:土 緑:金 青:木 紫:水
★4つ満たした頃にはレベル8になってました。
★が3つ位になると瞬や都が庇ってくれるようになりました。
この間に瞬が治療を覚えました。
ここまでで新しい事っていったら、こんなもんかな。
バトルはR1押したら早送り出来るからかなりサクサク進められるので、非常に楽です。
しかも必ず雑魚怨霊はうようよしてるし、色別で属性が分かるから、自分が欲しい属性の敵に向かって行ったら必ず当たるから、非常に親切な出来になってます。
エンカウントするまで意味無く上行ったり下行ったりしなくて済むしね。

≪選択肢3≫
どうして戦っているの

朱雀と戦闘。初めての中ボス。4ターン位で倒しました。何の技も覚えてないからタコ殴り。

≪選択肢4≫
うん、わかった…

桐生瞬★★↑
心の結晶【ノスタルジア】獲得
絆の上限4→5


≪選択肢5≫
信じていいと思う
※ここでも返事をしてくれる相手が違います。好感度とかは不明
・信じていいと思う…八雲都
・まだよくわからない…桐生瞬

:これまでの印象:
龍馬:意外と良い
瞬:普通
チナミ:特になし
都:お姉さん…いや、お兄さん
高杉:あれではただの悪者(笑)
サトウ:何か腹黒そうな気がするのは私だけか?
天海:胡散臭い(笑)←誉め言葉
崇:この子のポジションが今はよくわからん


遙かなる時空の中で5 攻略メモ目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。