Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記69 *随想録 永倉新八ルート

*事件想起一*

いったい何回見たかこの章…まぁこの猫の話は好きですけどね。

・昼食の準備をする

・準備を続ける

気を取り直して里芋の皮をむき始めますが、例によって物音が…。
新八はさっさと行ってしまいます。
ごめん、左之さん…。

・気になる

新八に連れられ、玄関に出てみると、玄関先の木の太い枝が一本派手に折られていました。
怒られても知らんぞ…。
実は新八って結構千鶴に冷たかったんですよね、この時。
ただのバカでは無かった。
まぁ人を理解するって、3カ月程度では無理。
警戒してるのはお互いさまって事ですね。

*永倉日常想起一*

この時は皆、楽しそうでよかったよね。
伊東とかいう人が来た辺りから、段々おかしくなっていったよな。
あんまり先行きが明るくない状況の時、京には珍しく雪が降りました。

そう、京都の冬はクソ寒いんですよ。
朝晩の冷え込みなんてそりゃーもう…。
雪が降った日にはホントにたまらん…。

昼になり、新八が部屋にやってきました。
水仕事をして手に霜焼けが出来てる千鶴を気遣い、火鉢を持って来てくれました。
良い奴だなぁ。

新八は江戸の生まれなんですよね。京の人間とは正反対だからねぇ…。
しかし、京の女は好きなんだよなと千鶴に突っ込まれる。
痛い所サクッと突くからねぇ(笑)

新八は夜勤明けでした。
お疲れ様です(笑)
私も職業柄夜勤はやるから疲れは物凄く解るよ。
そんな新八を島田さんが探していたのですが、起しちゃ可哀相だよ。

・そっとしておく

【花】回収

何か微笑ましかったです。

*永倉日常想起二*

健康診断のあのスチルだけを見たらこの人はお笑い担当なんですけどね…。
皆のお兄ちゃんなんだよねぇこの人。
新選組の規律ってかなり厳しかったんだよね。
良い大人が門限なんてあるんだから。

それに少なかれ不満を抱いていた新八でした。
気持ちは解るけどね…。

そんな新八は鬱憤を晴らさんとばかりに、遊びに行こうとしていました。
とりあえず見張っとかないとな~…と、千鶴も巻き込まれる羽目に。
この三人に巻き込まれる事多いの何の(笑)
面白いから良いけど。

門限破ったら切腹だっけ?
まぁ厳しすぎるとは思うけど、一応決まりとしてある訳だからここは守っとかないとやばいよな…。
てか、左之助ー!いるんだったら何とかしてくれよ…。

・ダメです

何も好き好んで土方さんも切腹させたがってる訳ではないんですよね。
てか、幹部皆で直談判でもしてみろよ。

【花】回収

根は素直な新八ですからね。
とは言え、門限は大幅に超えていました。
とりあえず主犯の新八以外は部屋から出されました。
てか、盗み聞きかよ左之さん(笑)

土方さんも土方さんで新八が不満を抱いてる事は解ってたんですね。
てか、新八って解りやすいんだろうね。根が良い人なだけに。
ともあれ、ちょっと厳しくしすぎたという事に関してすまなかったと謝る土方さん。
まぁ事情もあるんですけどね。
良い上官だよ、全く。

*永倉日常想起三*

この人だけ、長いんだなルート…。
さて、この頃、御陵衛士として平助が出てってしまうんですよね…。
寂しくない訳は無い。でも、どうにもならない事もあるんです。

春も過ぎ去ろうとしている頃のある日、境内で新八と左之助に会います。
総司の様子はどうだと尋ねてくる新八。
良くは無いわな。
てか、ああこの二人はまだ労咳って知らなかったんだっけ。

総司は臥せってるし、平助と斎藤さんはいないし、その皺寄せが左之助やら新八やらに回ってるんですよね。
そこをキツくないと、あっさり嘘をつける程、新八は器用ではないのです。

その晩、境内から刀を振るう音が。
桜の下で、剣をふるう新八の姿が。
いつの間にか、自分が好きだったはずの新選組の姿が変わり始めてる事に気付いてしまったんですね。
何で気付いてしまったのか、何で気付かないままでいられなかったのかと。

・そんな事ありません

気付かなかったらタダのバカだからね…。
全く悩まない様な人生送る人なんかいないんですよ。

【花】回収

新八にとっては千鶴は可愛い妹分みたいなもの。
千鶴にとっても兄貴分。
兄貴分っていうか、お兄ちゃんだよな。
どうせなら、最後に「おやすみなさい、兄上様」って言ってあげても良かったんじゃないの(笑)

*永倉日常想起四*

この人だけ他の人の倍か…どうせなら攻略ルート作ってくれよ(笑)

この頃、近藤さんや土方さんへの不満が溜まってきた頃でした。
そもそも、羅刹に関しては反対だったしねこの頃。

伏見奉行所での戦いのさなか、近藤さんは負傷。
総司は労咳の回復のめども立たず…。
そんな中でも戦は始まってしまいますからね…
自分達の役割を精一杯こなすしかないのです。

ここにこのまま居ても良いのか、邪魔にならないか、各ルートで千鶴が悩み続けた一件。
きっぱりと言い放つ新八ですが、優しさ故だと私は思いますよ。

・わかりました

別に新八も追い出したい訳じゃない。
だって、お兄ちゃんだし。
そんな事は百も承知ですよ、千鶴だって…多分。

【花】回収

まぁこの後結局新八は出てってしまうんですけどね。
新八ルートこそ、幸せになれそうな気もするけど、この人は『お兄ちゃん』で良いのかもね。

新八ルートをクリアした時点で、薄桜鬼巡想録も終了です。
夢のおわり…心寂しくなってしまいましたがね…。


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。