Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

采配の行方 レビュー

舞台は戦国末期関ヶ原の合戦。主人公である石田三成の立場になり、部下や仲間の武将達に作戦を伝えたり指示を伝えたりと戦を動かしていくゲームです。

私は逆転裁判をやった事が無いのですが、システムはほぼ、その逆転裁判と同じだと色んな方が仰っています。
その逆転裁判を知らない私でも、そんなに苦労することはなく、しかもそんなに長い時間かけなくてもクリアできたので、難易度的にはそんなに難しくはないのではないでしょうか。
若干ボリューム不足とも聞きますし、難易度は低めですので人によれば少し物足りなさを感じてしまうかもしれませんが私個人としてはこれくらいでちょうどよいかなと言ったところです。
舞台が関ヶ原の戦いですので、一つの合戦を舞台に描くのであればあまり長々と引っ張ると途中でだれてしまいそうですので。

登場してくるキャラクター達は個性豊かの一言に尽きます。
色んな意味で見ていて飽きないのではないでしょうか。

ストーリーとしても、史実を大事にしているなと感じる部分もあり、各キャラの想いや彼ら自信が持つ正義が旨く伝わってくる部分が多く、素直に感情移入できるものだったと思います。

ただ、私個人としては、一度クリアした後、もう一回やるか…と言われれば微妙な所で、暇つぶしにもしかしたら開けるかもしれないけれども、何かよっぽどの機会が無ければ起動することはほぼ無いかもしれません。
後一ひねり…何か欲しいかなと言ったところです。

とは言え、ゲーム自体は十分に楽しめるものだったと思います。
プレイして損はないと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。