Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記65 *随想録 取り零しスチル拾い

*事件想起二*

父親の消息らしきものを掴み、島原へ潜入する事になりましたね。
千鶴が芸者になり済ますか、やっぱり皆さんに任せるか…
この選択肢の所でセーブっと。

・島原に潜入する

素敵に変身した千鶴。
島原で早速怪しい雰囲気。

・屯所に手紙

だれ宛に出すか…

・土方さん宛てに出す

土方さんを待っていると、やってきたのは風間。
ここで風間の相手をしていたら風間ルートに行ってしまいますので…

・隙を見て逃げる

酒を取りに行くふりをして逃げろ!
おぼつかない足取りで外に出るとやっと土方さんが来ましたよ。
で、今は千鶴は芸者なんですよね…土方さんと二人で走って帰る姿は傍から見れば芸者を足抜けさせるようにしか見えんわな(笑)

【土方ルートスチル】回収

事件想起二の最初の選択肢

・島原に潜入する

長州、薩摩の連中が話してる内容は怪しい雰囲気。

・屯所に手紙を書く

だれ宛に書くか

・沖田さん宛てに出す

浪士達と斬り合いになる可能性もあるし、ここは剣の腕の立つ総司に来て貰いましょう。
案の定、店の外では総司が浪士達に絡まれてました。
そしたらその先には薫がいました。
何してんだよそこで…。
奴を助けてやる義理は無い。

・悲鳴を上げる

悲鳴にひるんだ浪士達に一瞬の隙が。
これで総司の腕なら十分。
更に斎藤さんと山崎さんも来てくれてました。

【沖田ルートスチル】回収

まぁ、一件落着で良かったんじゃないの?

事件想起二の最初の選択肢

・島原に潜入する

長州、薩摩の連中が話してる内容は怪しい雰囲気。

・ちょっと心細い

そんな時、誰かから指名が。
まぁ千鶴の事を知ってるのって新選組の人達しかいないし、そこの誰かしかないだろうね(笑)
案の定、あの三人トリオ、あと意外にも近藤さんでした。
皆、楽しそうにしていますが、平助は何か元気がない様子。

・平助の様子が気になる

平助の相手をしに座敷の隅に行く千鶴。
何を言っても、何が有ったかさっぱりわかりません。
結局のところ、千鶴が島原で芸者やってるのが我慢ならないんだと。

【藤堂ルートスチル】回収

そんな事言われてもなぁ…

・そう言われても

突然、千鶴の手を引っ張って屯所に連れ戻そうとする平助。
どこぞの妹想いの兄貴みたいになってるよ(笑)
しかし大胆だな平助。
店を出たら浪士達が、間抜けにも店にいる新選組幹部達を襲おうとしていました。
ツイてない人たちだね(笑)

事件想起二の最初の選択肢

・島原に潜入する

長州、薩摩の連中が話してる内容は怪しい雰囲気。

・ちょっと心細い

千鶴に御指名が入り、三人トリオと近藤さんが来ていました。
しかし、平助は何やら元気がない。
左之助には、まぁ放っとけと言われます。

・このまま楽しむ

この四人が来た理由は、千鶴が何やらしょんぼりしてるから、元気づけに行ってあげようと近藤さんが提案したんだそうです。
いや、優しいんですよ近藤さんは。甲府城で残念だっただけ…。

すっかり酔っ払っている新八。
大丈夫かよ…。
新八は酔い潰れてしまいました。さて、もうお帰りいただくか…

・原田さんはどうしますか?

左之さんはもう少し飲んでいくそうで。
千鶴を心配して…だけではないそうですが、はっきり言わないと千鶴には伝わらんよ(笑)
まぁ千鶴の口紅を直してくれただけだったんですが、それだけでもないよね。

【原田ルートスチル】回収

そんな良い雰囲気の最中に、浪士達が踏み込んできます。
空気読めよな全く。
まぁ一瞬で左之助は返り討ちにしてしまうんですけどね。
ボコられた敵はというと

「屯所襲撃の際には覚えてろ!」

何て間抜けな奴らだ(笑)

そして、最後にはちょっと抜けてた左之さんのお話でした。
まぁ、良いんじゃない?衆道でも(笑)

事件想起二の最初の選択肢

・島原に潜入する

長州、薩摩の連中が話してる内容は怪しい雰囲気。
そう言えば、斎藤さんと山崎さんが控えてくれてるはず。

・急いで報告しなきゃ

もう少し様子を見ようか迷う所ですが

・すぐに報告

話はしたものの、ただ密談をしてるだけだと決め手に欠ける。
千鶴が座敷に出て話を聞き出してはどうかと斎藤さんに提案されますが、いやぁ…大丈夫か?
見違えた千鶴をまともに見れない斎藤さん(笑)
気の利いた一言…斎藤さんに言えるもんならな(笑)
ブツブツと何か言ってる斎藤さんは放置で、千鶴は座敷に出る事に。

酔っ払った浪士はあっさりと屯所襲撃の計画を漏らしてくれました。
バカな奴だな…。
千鶴は浪士に絡まれかけますが、逃げるって言ってもタイミングがなぁ…

・ここに残る

斎藤さんが助けに来てくれますが、かっこよく登場したものの、浪士に背中向けて喋ってる…
アンタ台無しだよ(笑)
しかも浪士の事は丸無視で千鶴にさっき悩んでた気の利いた言葉を言い始める斎藤さん。
当然、浪士達は怒り心頭になる訳ですが(当たり前だ)後ろから斬りかかられるかもしれないという状態になっても
「今はそれどころではない」
面白すぎるだろ斎藤さん(笑)
一世一代の勇気を振り絞っている斎藤さんでしたがね。

【斎藤ルートスチル】回収

最後まで、残念な可愛い斎藤さんでした。
さて、やっとメインの方々はこれで終了です。
長かった…!


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。