Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記55 *随想録 沖田総司ルート

沖田恋情想起六~沖田ルート攻略~

結局近藤さんは新政府軍に投降、斬首されてしまいました。
傷つく総司ですが、近藤さんの死に傷ついたのは総司だけではありません。
土方さんだって同じくらいの葛藤があったのです。

傷に触れるのを躊躇う千鶴ですが、総司は近藤さんの思い出話をしてくれます。
死んだ人の思い出話で花を咲かせるのが、その人への一番の供養と、聞いた事が有りますよ。

昔から変わらず、情に厚い人だった。
やんちゃをやらかした皆を迷わず庇ってくれていた近藤さん。
確かに近藤さんには人を惹きつける力が有る。甲府城の戦いの時はともかくとして…。
一組織のリーダーとして、大事な魅力です。
そんな近藤さんを総司も尊敬していたのでした。

・沖田さんは幸せ者です

こんな魅力のある上司、中々いないからね。
総司も近藤さんから色んなものを与えてもらったはず。
そんな人に出会えて、彼は幸せ者ですよ。

【花】回収

千鶴を見つけ出せたのも、総司にとっては大きな幸運だったのです。
そう伝えても千鶴は意味がよく解ってない…。
鈍すぎるぞ千鶴…(誰かのルートでも私はこの言葉を書いた気がする…)

総司にはまだ、戦う理由が残っているのです。
だから、総司はまだ倒れたりはしない。
戦う理由…千鶴のために…まぁ千鶴は気付いてない…頑張れ総司ー!(笑)

*沖田恋情想起七*

昔の夢を見た千鶴。
薫の誘惑に戸惑いつつも、総司がそれを引きとめます。
二人で生きて行く為に、薫の誘いになんぞ乗る訳には行きませんよ。

純粋な千鶴は初めて交わした口付けの余韻から抜け出せずにいました。
まぁ、初々しいじゃないですか(笑)

未来のために戦う、総司にとっては初めての経験。
これまで数え切れないほど、剣を奮って人を斬ってきた彼ですが、これまでの戦いとは色んな意味で全く違う。
それに少々戸惑いもあるという。
それでも戸惑いは有っても迷いは無い訳です。

そんな総司は千鶴に、もう一度口づけをしたいと思ったら黙って受け入れてくれるのかと尋ねてきます。
左之さんとは違う意味で罪作りだな、総司(笑)

黙って受け入れたい所ですが、花を回収できませんでしたのでやり直し(笑)スチルまでは行けたけどね。

・時と場合による

きっぱりと言い放つ千鶴ですが、どんな時と場合なんだと。
答えられない千鶴…とっさの思いつきかよ(笑)
こんな千鶴だから、総司も意地悪にならざるを得ないと。
もう、お互い様だね(笑)

きっと自分は千鶴をかなり困らせるだろうと言う総司。
今更な気もしないでもないですが、総司が言いたいのは、その先の未来。
自分の体、長生きは当然出来ない…労咳治ってないし、羅刹だし…。
一緒に過ごせる時間は僅かかもしれない。
でも、離れる事は出来ないと総司は言います。
私は思うんですけどね、時間の長さより質だよ、質。
例え長い時間でも、全く充実の無い日々って寂しいけど、例え短い時間でも、二人で充実した色んな意味で濃い生活が送れたなら、それは幸せな事ですよねー。

*沖田恋情想起八*

最後の戦いも終わり、明治の世になってましたね。
千鶴と総司の二人の時間、出来ればずっと見ていたいけど、そうもいかない。
うん、このカップル私は好きですよ。
本編の日記にも書いたけど、たわいのないこの二人の会話に幾度となく微笑ましく思いました。
それは、随想録でも一緒でしたよ。

それにしても羅刹の力が彼の命を蝕んでるのは解るんですけど、千鶴は鬼だから蝕まれないんですかね…。

ともかくとして、あっさりとプロポーズをシレッとしてくる総司。
まぁ今更って言えば今更だけどな(笑)
勿論答えは一つです。

・お嫁さんになりたい!

誰かに認めてもらわなければならない訳でもない、この二人次第…。
現代、両家の親に挨拶中のカップルからしてみれば羨ましいことこの上ない状況ですけど、それはまぁ置いといて…(笑)
夫婦らしくしようと総司は言ってきますが…中々に可愛い。

晴れて二人は夫婦となりました。
良かった良かった。
労咳やら何やらを抜きにしたら、先ほども書いた通り、この二人の組み合わせは好きです。
可愛らしいカップル…いや、夫婦ですね。
総司自体、中々に可愛いしね(笑)

えーっと書き忘れましたが、確か沖田恋情想起七~八辺りで桜花幻想録が三分咲きになりました。

総司からの手紙、ウルッと来てしまいました。
まぁ総司からの『千鶴ちゃん』って言う呼び方、新八とはまた違って私は結構好きでした。


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。