Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記54 *随想録 沖田総司ルート

*沖田恋情想起三*~沖田ルート攻略

総司の労咳は悪化の一途を辿っていた。
そりゃ、療養もしないでいたらそうだわな…。
この頃、新選組への鬼達の襲来も激しく、屯所も西本願寺から不動堂村に移転していました。
伊藤派が離脱したのもこの頃でしたね。

新選組で1,2を争う剣の腕前の総司。
そんな彼が戦線から離脱しているのも同じ状態で、新選組の戦力は目に見えて減少していた。
おそらくそんな現状に心を痛め、誰よりも歯がゆく思っていたのは総司のはず。
千鶴は総司に何が出来るのか…答えは出たのでしょうか。


ある晩、山南さんは総司に変若水を飲ませるべきだと遠まわしに主張。
そんな進言を土方さんが、ハイそうですかとうなずく訳もありません。
まぁ総司は総司ですっかりふさぎこんでる様子で、千鶴は見舞いに行く事に。
食事も食べたくないと全く夕食も手をつけていない総司。
完全に自暴自棄になってる総司。
気持ちは解るけどね…。

せめて好きなもの位、少しでも食べなさいよ。

・好きな食べ物を用意します

何とかしたいと千鶴も必死な訳です。
何故かってそれは、恐らく二人ともお互い自分の気持ちにまだ気づいてないのです。
総司が食べたいものは大根おろしを入れたおかゆ。
恥ずかしそうに言う総司、この子…結構母性本能くすぐられるよな。
しかも葱嫌いとか(笑)

【花】回収

総司も別に何の意味も無く駄々をこねてる訳ではないのです。
ちゃんと自分の体と、自分が今どうするべきなのかは解っているのです。
ただ、疲れたと。
何に疲れたのかは千鶴にはまだわかりません。

千鶴が一生懸命彼の為に作ったおかゆ。
それを総司も解ってるから一生懸命食べたんでしょうね。
で、今夜の事は近藤さんと土方さんには言わないでくれと。
まぁ二人とも、薄々勘付いては居るんでしょうけどね。

戦えない沖田総司。
新選組のお荷物と思われるのが、彼にとって一番辛い事なのです。
そうなるなら、いっそ死んでしまった方が良い。
ここ数日の反抗はこういう所から来てたのかもね。

*沖田恋情想起四*

総司は羅刹になってしまいました。
全ては新選組の…近藤さんの為に『役に立つ』『生きる』為に。
そんな折、近藤さんが銃撃されてしまい、キレる総司。
ここで理性を失ったら終わりだよアンタ…。
この辺の全ての糸を引いていたのが千鶴の兄・南雲薫。
総司を痛めつけるのは全て千鶴に復讐する為。
良いとばっちりだよな、総司…。


銀の銃弾を受けてしまった総司ですが、何とか意識も回復。
やっと一安心の千鶴でしたが、山崎さんと総司の言い争う声が…。
全く一難去ってまた一難…今度は何なんだ。
喧嘩の理由がさっぱり解りませんが…どうもまた総司が駄々を捏ねてる訳ですね。
全くしょうのない…。
喧嘩を止める千鶴ですが二人とも

「だってあいつがわるいんだから」

子供の喧嘩かよ全く(笑)
てか、どう考えても総司が悪いでしょうが。
怪我が治るまで大人しく寝てたら山崎さんだって怒らないって。
まぁそう言った所で総司は拗ねてしまいそうですけどね。

・叱るのも沖田さんのため

千鶴なら解ってくれるよねって、まぁ気持ちは確かに解るけどね。
新選組には総司が必要だからこそ、今は自重するべき。
千鶴は根気よく総司をなだめます。

【花】回収

全く…千鶴がいなかったらダメですね(笑)
山崎さんも、悪い人じゃ無く、むしろ良い人なんですよ。
総司と合わないだけ。
一件落着した所で、折角だし添い寝してよとねだる総司ですが、鈍い千鶴は何が折角なのかわからないと。

どれくらいはっきり言えば分ってくれるのかなって…

頑張れ総司(笑)

*沖田恋情想起五*

そして千鶴も羅刹になってしまいました。
こうやって一文で書いたらあっけない出来事の様ですけど、色々ありましたね。

新選組はというと甲陽鎮撫隊と名を変えていました。
例によってここでは新選組ね(笑)

甲府での戦いは新選組の負け戦。
薫なんて追ってる場合じゃない。
急いで新選組を追いたい所ですが、千鶴の体が言う事を聞きません。
ここで千鶴の体を優先するあたり、総司も人が変わったと山崎さんから言われる訳ですね。
出会った頃なら冷たい目で嫌みの一つでも言われてただろうに。
今となってはその頃も懐かしい。


日差しが体に触る千鶴ですが、必死に堪えます。
総司も見ていられなかったのでしょうね。
近藤さんの事はとても気になる。
土方さんへの信頼は複雑なものであれ、土方さんの手腕は認めてる総司。
休憩する余裕位は有ると千鶴を気遣い、とりあえず二人は木陰で休息する事に。

・ごめんなさい

【花】回収

いつまで経っても足を引っ張ってばかりの自分が情けない千鶴。
そんな千鶴に総司は優しく慰めてくれました。
ホント、変わったね総司、良い意味で。
総司の事が好きでたまらないと気付く千鶴。
多分、それは総司も一緒なんでしょうけどねー。


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次

スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。