Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記53 *随想録 沖田総司ルート

*事件想起一*~沖田ルート攻略

朝食の炊事当番が終わって、はい、件の猫の一件ね。(詳しくは土方ルート参照)
何やってんだか全く…。

作戦会議の結果、千鶴が手を貸すのは

・猫をなんとかする

総司の手伝いをしようと思います。
てか、猫は別に放置で良い気がするけどな…。
仕方が有りません。
総司と斎藤さんと共に頑張りましょうか。
しかし総司には戦力としてはあんまり期待できないとか言われる…
手伝ってやらんぞ、全く!

ともあれ、三人は中庭に出て猫を探す事に。
てか、こんなことしてるより全員で昼ご飯作った方が早くね?

そんな時、どこからか泣き声が聞こえた千鶴。
その泣き声の元に三人は向かうと、八木家の子供が泣いていました。

「せっかく猫捕まえたのに逃げちゃって…」

こいつのせいか!
しかし、もう少し詳しい事情を知りたい所ですが、総司と斎藤さんでは泣く子供を泣きやますどころか余計に泣かしてるしねぇ…。
ここで千鶴の出番!

・子供を笑わせる

「いないいないーばぁー」

可哀相な位にスベる千鶴…。
バカ受けしてるの総司だけ(笑)
てか、逆にそれだけ笑われると却って傷つくよね。
斎藤さんに至っては、さっさと単独行動…。
何てチームワークの無い3人なんだ(笑)

ともあれ子供から、猫は屋根の上を伝って逃げて行ったという情報を得る。
もうどっかいったんじゃないの?
さぁ、どうしたもんかなと悩んでるとそこに山崎さんの姿が。
猫の一件はどうしたのか。
副長に相談するべきだと冷たく言う山崎さん。
いやぁ、ごもっともなんだけどね…。
平行線に言い争う二人。ここで二人の視線は千鶴へ。
第三者から見て、どっちの意見が正しいかと…
さっきから振らんでくれよ…

・内密に処理する

一応、この内密に済ますという事は総司だけの意見では無いからねぇ…。
渋々山崎さんも納得。
気を取り直して猫探し…
猫は見つかった訳ですが、乱暴に抱き上げる総司に千鶴が珍しく怒ります。

「ご…ごめん」

素直に謝る総司にちょっとキュンとした(笑)
ちょっとズレてる気もしないでもないですが、千鶴をさすが医者の娘だと純粋に感心する総司。
良くも悪くも無邪気な総司でした。


*沖田恋情想起一*

池田屋事件の際、総司は何故か千鶴を守ってくれました。
それが何故なのかはその時の総司にも解ってませんでした。
そんな池田屋事件の後、新選組は良くも悪くも、名を上げ、歴史上に大きな役割を担う事になっていくのでした。

そんなある日、雑務をこなしていると、新八、平助、左之助の三人トリオから声を掛けられます。
まぁこの三人は島原へ行くらしく「朝には帰るから心配いらねぇ」だと。
堂々と朝帰り宣言かよ(笑)
土方さんに聞かれたら適当に誤魔化してくれって、巻き込まんでくれよ…。
三人は颯爽と島原にお勤めに出かけて行きました。
そんな時、表が何やら騒がしい。
表には10人位の子供達、真ん中には総司。
子供達と遊んでるんだそうで。
アンタ、子供の世話なんか出来るのかよ!猫の一件の時には全く手を出さなかったくせに…!
それはそうと、土方さんに見つかったらまず間違いなく怒られると。
てか、山南さん…遊んでくれたんだ。
他の皆も怒りそうだし…って事は帰した方が…とか言ってたらガキ共子供達から文句言われました。

勝手にしやがれ(笑)

ただの人殺しとかボロクソにガキどもから言われてますが、友達じゃないのかよ。
新選組は変な奴らばっかりだしって、まぁそれは確かに否定できない(笑)

・確かにそうかも

とか、納得しかけてる場合じゃないわよ千鶴。
総司からは素直すぎると笑われ、全面的に子供達に同意。
まぁでも『我等は今日の治安を守る為に云々』とか偽善ぶって言われたらちょっとどうよって思うしね。
むしろ総司位開き直ってた方が気持ち良いわ(笑)
まぁ子供相手に本気で喧嘩しても仕方ないしねぇ。
一発ぶん殴ってしまいそうな私が言ってもあんまり説得力無いですけど。

【花】回収

しかし、もっと大人げないのが、総司張本人でした(笑)
あれだ、近藤さんの悪口言ったのがいけなかったね、坊やたち。

*沖田恋情想起二*

総司の病は当時では助からない病気、労咳であったあの頃。
例え、命と引き換えで有っても何かを成し遂げたいと彼がそこまで願うなら、千鶴には何も言うべき事は有りません。
何かを成し遂げたいとは言え、結局寝込む事が多い総司。
これで良かったのか、苦悩する毎日でした。

とある日、近藤さんから話しかけられる。
源さんと一緒に境内をぐるりと散歩してきたのだとか。
ちょうど千鶴は土方さんから近藤さんを探すように言われていたのでした。
そうか、他の人達はまだ総司の労咳については知らないのね。
長引く風邪って明らかに怪しむべきなんだけどね。

自室に戻る途中、風呂上がりの総司に遭遇。
湯ざめするがな…!しかも二月。
あれこれ口やかましく言う千鶴に、まるで土方さんみたいだと言う総司。
それって誉めてんの?誉めてるようには聞こえないけど(笑)
大人しいかと思いきや、結構強引なんですよね千鶴。

さっさと半乾きの髪を結ってしまう総司。
そんな彼に千鶴は

・沖田さんって器用ですね

そうだな…男の人で綺麗に髪を結うって今の男の人で出来る人って限られてるよね。
まぁ時代が時代だから当たり前のように結うんだろうけど、それでも凄いとは思うよね。
不意に総司から質問が。
「僕の髪型、どう思う?」

どうって言われてもな…。

似合ってると素直に千鶴が言うと、無邪気に喜ぶ総司。
何回も練習した髪形、誉められたらやっぱり嬉しいもんなのかもね。

【花】回収

嬉しい事を言ってくれたお礼に、総司の髪型の秘密を教えてもらいました。
あんた、どんだけ近藤さん大好きなのよ(笑)

それから、総司の労咳について、誰にも言ってない千鶴にちょっと驚いたという総司。
千鶴はそういう子だからねぇ。
私とは大違いだよ(笑)
そしてどうして千鶴が自分の事を心配するのか尋ねてくる総司。
それは、聞いたら野暮だよ。
よく解らない子だなぁって…それはそっくり君に返すよ総司(笑)


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。