Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記51 *随想録 風間千景ルート

*事件想起二*~風間ルート攻略


千姫と出会い、鬼達と出会い、松本先生と出会い…
幾つもの出会いが有りましたね。

さて、とある日、総司の一番組との巡察最中に、千姫と会いました。
そうか、総司は千姫の事は知らないのね。
この前助けてもらったお礼に、御団子御馳走してくれる事に。
総司の許可も貰ったし、行きましょう~!

千姫が千鶴を誘ったのは千鶴の事を詳しく聞きたいからと。
京に来た理由と新選組にいる事情を千姫に話す。
父親の特徴を教えると、似たような人が島原に出入りしていたという情報を得ました。

ここに来てようやく父親捜しらしい出来ごとですね(笑)

早速皆さんに報告だ!

まぁ新選組でも島原で怪しい連中がうろついていたという情報は掴んでいたようです。
とは言え、場所が場所なだけにそう簡単に事は進まないんだとか。
ここで新八が名案…!
…な訳ないか(笑)
芸者のお姐さんを惚れさすなんざ、いったい何十年かかる事やら…
だったら誰かが芸者に化けて客から情報引き出した方が早い…って……
じゃあ誰がそれやるんだって…

悩まなくたって千鶴しかいないじゃないのよ(笑)

とは言え、幹部の皆さんは危ないからって反対・・

じゃあどうしたいのよ…

・島原に潜入する

千姫もいるしね。
大丈夫大丈夫!
千鶴に着物を着せる千姫と君菊。
楽しそうだなぁ(笑)

ここで千鶴の芸者姿のスチル。

可愛いじゃないか!!

皆から勿論絶賛の嵐な訳ですが、斎藤さんが居ない!!
あれぇ?
この時って斎藤さん新選組にいなかったっけ…?

まぁ何かの時に斎藤さんと山崎さんに付いててくれるようにしてくれるらしいですけど、斎藤さんのコメントが聞きたかったわ。

さて、島原にて、やはり肥後や薩摩の人間達がよく来てるようですね。
この人達、いずれ新選組には目にもの見せてくれるとか、穏やかでない事を言ってます。
うん、何やら怪しい雰囲気。

・屯所に手紙を書く

宛先は…

・土方さん宛てに出す

程無くして土方さんから返事。
客として行くから少し待ってろと。
今で言うメールみたいだね。
さて、土方さんが来た…と思ったら風間でした。
折角のチャンス!

・風間さんから情報を聞き出す

ま、芸者の格好をしているのが千鶴ってのはあっさりと見破られてしまうんですけどね(笑)
とりあえず酌をしろという風間に対し、情報提供が先である、芸者は遊女とは違うから納得できない命令に従う事は出来ないときっぱりと言い放つ千鶴。
やるなぁ千鶴(笑)
さっきの浪士達の計画を教えてくれる風間。
そして、その浪士達の計画を止めてくれるという風間。
こういう時の彼は、嘘を言った事がないしね。

ともあれ、数日間にわたる千鶴の芸者生活も終わり。
風間も浪士達の計画を止めてくれたみたいです。
そんな風間にお礼を言い、その礼は夫婦になった時にでもという風間。
てか、素直に『綺麗だった』って言えば良いのにねぇ(笑)


*風間恋情想起一*

風間から、我が同胞であると言われた千鶴。
いったい自分は何者なのか…普通に暮らしてきたのにいきなり鬼と言われても頭がついて行かないのは当たり前だとは思う。
二条城での警備を任され、伊藤派が御陵衛士を立ち上げ、新選組も世の中も大きく変わろうとしているそんなある日の出来事です。

色々と凹む千鶴に近藤さんが気にかけてくれます。
ホント、優しいんだけどねこの人。
いわとやという店の饅頭を買ってきてほしいと頼まれる千鶴。
気晴らしに…と近藤さんの計らいなのかな。

無事に饅頭も買え、帰ろうとしたその矢先、風間に出会ってしまいました。
素晴らしい偶然だ事(笑)
山崎さんはここはどうにかするから先に逃げろと言われますが、いやー…それも厳しいと思う。

・相手をする

いったい風間は何をしているのか、悠長に質問する千鶴。
この子ね、何気に気が強いからな。

【花】回収

で、何処に行くのかと尋ねる千鶴。
ただ酒を飲みに来ただけだと答える風間。
確かに酒を飲みに行くだけでこんなに根掘り葉掘り聞かれるのは良い気はせんわな(笑)

風間とて今は薩摩に属する身。
ここで事を構える理由も得も無い訳です。
今日の所はと引き下がってくれました。

鬼とは言え、ご飯も食べるし寝るし、酒だって飲む。
当たり前に生きている。
千鶴と同じようにね。

*風間恋情想起二*

新選組とはぐれ、錦の御旗を掲げる薩長軍を目の前に、それに追われる幕府軍。
江戸へ向かうであろう新選組を追い、風間と行動を共にする千鶴。
新選組の行方と無事が気になり、焦る千鶴を風間と天霧が窘めます。
己の疲労も顧みず歩く千鶴でしたが、今日はここまで。
一緒なのが風間で良かったわな。

使われていない小屋で、一夜を明かす事に。
外を警戒しておくと天霧はさっさと行ってしまいましたが。
風間と二人きりで落ち着きのない千鶴。
まぁ、今の風間からは取って喰われたりなんかしないだろうけどね。
千鶴の為に風間は火を起こしてくれます。

ここで風間から鬼の事を教えてもらいます。
たいてい、ただの敵として千鶴の前に現れるもんだから、実際の彼等の深い事情とか知らない訳なんですよね。

・何故新選組と敵対したのか

何故、東西で鬼が別れたのか、何故風間達が薩摩や長州に与するのかといった話を聞く事が出来ます。

【花】回収

トロフィー:一部咲き獲得

鬼は格式と古き伝統を重んじる。祝言をあげるまで手は出さん…という事です。
いつになる事やら…

その晩、夜中じゅうずっと火の番をしていてくれたらしい風間。
彼の不器用な優しさを見たお話でした。


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。