Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記50 *随想録 土方歳三ルート

*土方恋情想起四*~土方ルート攻略~


近藤さんが新政府軍に投降。その後総司を見舞い、助命嘆願に奔走する土方さんと千鶴のお話です。
この頃には総司は離脱、源さんと山崎さんが命を落とし、左之助と新八は新選組から出てってしまってたのですね。

総司の見舞いの為に民家を訪れる。
総司は何故か洋装で起きていた。
大丈夫なのかよ。

まぁずっと一人で病魔と闘いながら寝てるってかなり精神的にダメージだよな。

見舞いもそこそこに、江戸を発たねばなりません。
しかし、土方さんは先に江戸を出ろと千鶴に言います。
この人のルート、全部こんなのだったしなぁ(笑)

確実に土方さんは我を忘れてます。
近藤さんの助命嘆願、近藤さんの為だから仕方ないってのも有ったとしても、彼は副長なのです。
非情な話ですが、組織の事も考えてもらわなければ困る。

・しっかりしてください

先に逝った人の意志は継ぐべきである。
背負えとは言わないけど、無駄にはしてはいけません。

【花】回収

千鶴の声が届いたのか、土方さんも江戸を出る決意をします。
そして本隊と合流。
と思ったらやっぱり土方さんは近藤さんの助命嘆願を続けるそうです。
ここまで貫かれたら最早何も言えないわな。


*土方恋情想起五*

羅刹として、新選組副長として、羅刹の始末をつけた後のお話。
平助と山南さんと主人公を庇った父が逝き、斎藤さんは会津に留まり、この頃は別ればかりでしたね。

さて、仙台まで来て、土方さんは会合に出てましたが、戦況はあまり宜しくない。

しかしさぁ、他の人には無理をするなと散々言う千鶴ですが、この子もあんまり人の事は言えないのよな。
案の定、千鶴は過労で倒れてしまいました。
まぁ倒れられて、心配する気持ちも土方さんとて千鶴も一緒なんです。
お互い様だよなぁ(笑)

・傍にいたいですから

千鶴が身を粉にして働くのはこれが全てです。
土方さんが無理をしたりするのが千鶴は嫌なんですけど、それは土方さんも一緒なんですよねぇ~。

【花】回収

それはそうと、仙台で何かあったら松本先生を頼れと。
まぁ何が起こるかは解らないご時世ですからね。
土方さんの言う事は正しい。
松本先生も仙台に来る予定なんだとか。
さて、何かあるのでしょうね。


*土方恋情想起六

蝦夷へ来てからのお話。
女として幸せになれ…土方さん有っての幸せですからね、千鶴にとっては。

仕事だらけの土方さん。
土方さんに向かない仕事は無いと千鶴は言いますが、土方さん曰く、人前で演説するのは面倒だし、腹の探り合いも好きじゃない…。
副長時代、やってたでしょ(笑)

遅くまで根を詰める土方さんに千鶴が苦言。
奥さんから説教されてバツの悪い顔してる亭主みたいだよ(笑)

一杯の茶を飲む時間が二人がともに過ごせる自由時間。
大事だよねぇそういう時間。

さて、夜からは会議。
その会議後、土方さんは随分と機嫌が悪くなってしまったそうです。
一人にしておいた方が良いと島田さんから言われたにもかかわらず、それで引き下がる千鶴ではありませんね。

・私にできることは?

八つ当たりして悪かったと謝ってくれる土方さん。
今思えば京にいた頃から、みっともない所も随分見られた気がすると…。
あぁ、あの酔っ払った件(笑)

千鶴がいる事で、暴走しかける自分に歯止めがかかる。
命をかける覚悟は出来てるけど、かける場所を間違ってはいけない。
そんな事に気がついた土方さんでした。

【花】回収


*土方恋情想起七*

箱館戦争も佳境に入りました。
そんな戦いのさなか、弁天台場を新政府軍は攻撃。
そこにいる仲間達を助ける為、土方さんは掛けます。
しかし、敵の銃弾に倒れてしまうのでした。

どう見ても死にそうな土方さん。
羅刹の力を持ってしてもやばい状況なのは目に見えて明らかです。

ここで意識を失わせてしまったら終わりです。
何とか土方さんには頑張ってもらわなければなりません。

彼が羅刹ならば、血を飲めばこの場は乗り切れるかもしれない。
そんな想いから千鶴は土方さんに血を飲ませようとしますが、土方さんは断固拒否。
千鶴が生きる理由。
絶対に自分は死なないと。

・信じない

誰がどう見たってヤバい状況なのです。
土方さんの『大丈夫だ』は今までの経験からして大丈夫じゃない。
こんな時にも、こんな時だからこそ土方さんに説教です。

【花】回収

この後は、風間との対決が待っているのですね。
そして、彼の二つ名

ーーー薄桜鬼ーーー


*土方恋情想起八*

愛しい土方さんとの生活。
幸せな日々のお話です。

しかし物語を選ぶ時の『振り返る』ってのが切ないな…。
過去形かよ。

折角の花見日和。
犬も食わない痴話喧嘩みたいな感じですが、千鶴から『好き』という気持ちを全然自分は言ってもらえていないと拗ねる土方さん。
可愛いじゃないですか。

そんな土方さんの事は

・綺麗な人

この人ほどこの言葉が似合う男性は中々居ないだろうと思います。
千鶴が好きなのは見た目云々じゃ無くて中身全部だと宣言され、更に照れる土方さん。
ごちそうさまです。

【花】回収

この幸せな日々が、少しでも長く続いた事を祈っていますよ。

エンディングを迎えられたら、土方さんからの手紙を受け取りました。
読み終わったら破って捨てろって、土方さんらしいけど、それは無理ですよ副長(笑)


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。