Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記34 *原田左之助ルート

*第二章*~原田ルート攻略~


ある日の午後、伊藤の登場やら山南さんの挫折やらこの辺は今までのルートと一緒です。
この不穏分子、早い内に何とかしないと手遅れになるよホントに。

そんな中【薬】の一件について調べてみようか迷う千鶴。
でも調べたからって良い事無かったしねぇ…。

・素直に部屋に戻る

まぁ結局その夜、山南さんは【薬】を飲んでしまう訳なんですけどね。
その【薬】についてとりあえず教えてもらいました。
父親が作ったもんなんだから、娘が教えてほしいと頼んでキレられる筋合いはないよなと毎回ここの場面見る度に思うわ。そんなに知られたくなかったなら、うかつに大事な事口走るなよ。
ともかく今夜は一人でいるのは危険。
さて、誰について行くか

・外に出る

左之助について行きます。
父親が大それたもの、しかもあんまり宜しくないものを作ってると知ってしまい、凹む千鶴。
そりゃ千鶴じゃ無くても凹むわ、そんな事知ってしまったらね。
ともあれ、山南さんが気がかりですけども…生きてれば楽しい事もたくさんあると左之助は言うけど、今までのルートどう見ても山南さんは楽しそうでは無かったけどね…

一晩明けて山南さんも回復。
伊藤に知られないように気をつけなければなりません。
ここからは他のルートと一緒です。
巡察中に千鶴とよく似た女の子と会ったり、将軍の警護任されたり。
将軍の警護中に鬼三人組と会います。
この三人との戦いの時は

・この場に残る

だって帰った所で危険は危険だしな…。
結局どこにいたって一緒だよなと思う。
さて、この後は

・動かない

逃げそびれた訳ですし、余計な事せずにじっとしてようね。
いつも千鶴って呼ぶくせにこの時は千鶴ちゃんって呼ぶんですよね左之助。どうでもいい所を気になってしまいました(笑)
自分は拳銃持ってるしと余裕かましてる不知火。
そんな隙を左之助が見逃すはずは有りません。
てか、面白い二人だねぇ(笑)
遊んでるのか殺し合ってるのかどっちだよ。

そういや前に千鶴は風間に鬼と言われたんでしたっけ。
鬼達に狙われる心当たりは思いっきりあるけどそりゃ言えないわな。

健康診断で松本先生に会い、綱道の事を聞き、この辺は他のルートと一緒です。
総司は松本先生に呼ばれて行ってしまいましたけど、仕事に専念する千鶴。

・仕事に専念する

そして風間が不意に現れて、羅刹を作るのはやめておけと忠告し、去って行く風間。
この件に関しては風間が正しいんですけどね…。それはそうとして、千鶴が気になる事は

・私を狙う理由

いったいなんで風間は自分を狙うのか。
理由はいずれわかるとして、左之助は落ち込む千鶴を励ましてくれました。

その後は長州征伐が有り、斎藤さんと巡察に出かけてそこで千姫と出会い、三条大橋の制札が抜かれたのも前と変わりません。
共通ルートめんどくさい…(言ってしまった)

千鶴が気になるのは

・制札の事

羅刹はもう良いよ(笑)
伊藤に反感を持つ人間も増えてきてるようですし、この先どうなる事やら。

さて、三条大橋の制札事件は左之助の手柄により無事解決。
しかし、それを千鶴によく似た子が邪魔したらしい。
この前会ったアイツだよアイツ!
不思議な気分になってる場合じゃないわよ千鶴ちゃん!

・不思議な気分

おかしなこと言って済まなかったと謝ってくれる左之助ですが、いや、本当の事なんだろうしねぇ。
多分自分一人では三条大橋まではたどり着けなかっただろうと千鶴が言うと左之助は笑って「まだ道を覚えてねぇのか」と。
いやね、京都に住んでたら当たり前の道なんだけど、実は京都市以外の人達は、あの碁盤の目は訳わからんらしいです。私も最初は訳わからんかったしね(笑)

ともあれ、その女の子がやったのかそれを決めつけるのはちょっと早計。
見た目は普通の可憐な子…見た目に騙されちゃダメだけどね。

そして良い感じに酒の回ってきた左之助は自分の切腹の傷を自慢げに見せていました。
新八に顔書かれてましたけど(笑)
結局宴会は朝まで続いたらしいです。


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。