Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記30 *藤堂平助ルート

*第六章*~藤堂ルート攻略~


さて、甲府城の戦いは土方さんの予想通り、負け戦でした。
山南騒動で私は甲府城の戦いなんてすっかり忘れていましたけどね(笑)
こっちも大変だったんだよホント。

それはともかくとして、銃の強さ、銃の前での刀の無力、敗戦を知っても自分の考えを曲げようとしない近藤さん。
意思が強いってのとただの頑固ってのは違うからね。
現実を見なさいよ、現実を!
結局、そんな近藤さんを見限って左之助と新八は出て行ってしまいました。
平助仲良かったんだからさー…連れてってもらおうよーとか私は思いましたけどネこっそり(笑)

そしてそんな近藤さんも捕縛されてしまいました。
本当は切腹しようとしたらしいんですけどね、近藤さん。土方さんに勧められて投降…あれ?話が違う。
これ総司が聞いてたらブチ切れですよ(笑)
程無くして近藤さんは処刑。

まーここまでアッサリだと私個人として、新選組に関しては、もうそんなに平助ルートではあんまり思い入れも無いんですけどね、千鶴も平助も北を目指すのは願っても無い事で、とりあえず新選組について行きます。

ともあれ会津に着き、かつて京都守護職だった松平容保の元で戦いを続ける新選組。
会津での宿の一室で洋装に着替え。
カッコいいぞ~平助!

とまあそれは置いといて、土方さんから一枚の書状を見せてもらう。
仙台藩から周辺諸藩への親書…要約すれば新政府軍に屈せず最後まで戦おうという内容なんですけども、差出人が

仙台藩士 山南敬介

一気に胡散臭くなりましたねコレ…。

羅刹も山南も新選組が出した不始末…というか、ここまで心の隅にちょっとでも「羅刹隊ってもういらなくね?」と思ってた自分達を騙し騙し使い続けたツケだよな。
自分達の手でちゃんと責任は取らないといけません。

ただし、新選組は会津藩に面倒を見てもらってるのが現状。
勝手な行動は出来ない訳です。
そこで、この二人の出番ってわけね。
千姫から寿命の話を聞いて以来、平助は半ばヤケクソ染みてますけどね。でも今の状態で平助を止めておかなければ奴の二の舞だよ。左之助と新八、二人のお兄さんがいたらまた違ったのだと思うけど、そんな事言っても仕方ない。

てか、平助一人で行かせる気だったのかよ土方さん。
さすがに可哀相だと思う。

鬼の副長に平助と一緒に行く許可を貰って平助の様子を見に来たら、発作に苦しんでいました。
あー言ったそばから…;;
でも怯んでなんていられません。

・血を与える

大好きな平助の為、千鶴はまた血をあげるのでした。
平助の為に役に立てたらうれしい…今のところこれしかないんですよねぇ…。
平助の心情を思ったら、そりゃあ、感謝の言葉より謝罪の言葉しか出てこないのも解る。
自分が楽になる為に、自分が好きになった女の子の肌を傷つけてまで…でも助かった…素直にありがとうとは言えないよね。
平助について行くと決めたばかりですが、平助からは意外な一言。

「お前は残れ」

お前は土方さんか(笑)

羅刹の力を使い過ぎたら灰になって消えるって確かに今更だけどさ、アンタそれただの八つ当たりじゃないのよ。
中途半端で行ったら、また後悔の日々だと思うんだけどねぇ…。でもここを乗り越えないと二人で一緒に行った所で良い結果は出ないでしょうけどね。

ヤケクソになって自分はどうせ死んじまうんだからどうせなら戦って果てた方がマシだと言う平助。
戦って果てるってかっこよく言ってるけどヤケクソに変わりは無いから武士としての潔さじゃないのよね。

・本気で言ってるの

そんな平助に平手打ちを喰らわせる千鶴。平助が羅刹でも少しでも長生きできる道を諦めずに探すつもりの千鶴。なのに当の本人が諦めて…ましてや生きる事さえ諦めてどうするんだと。
しかし千鶴の一発でちょっとは目が覚めた平助。
言われていきなり前向きになれるほどガキじゃないって言うけど、まだまだ若いよ平助(笑)
まぁ、そこが平助の良い所でもあるんですけどね。
ともあれ、千鶴が言うなら、信じる。
千鶴の為にもう少し生きてみる。そう言ってくれた平助。
まぁこれは好みの問題だから別に平助は悪い訳じゃないんですけどね…

自分の為に生きて欲しいと思うのは私だけですかね。

何か一抹の寂しさを感じてしまいました。

【藤堂好感度+】

ともあれ、二人で仙台を目指します。
待ってろよ、山南!このルートではこの人はもう呼び捨てだよ呼び捨て!
道中で風間に会いました。
いやぁ奇遇だなぁ(笑)
目的は一緒なのに全く相容れない二人…。まぁ仕方ないけどね。

千姫を追って仙台に入っていた君菊とも合流。
着実に自分の血を与え、羅刹を増やしている山南。千姫は必死に羅刹の血に抗い続け、仙台城に幽閉されているらしい。
そして月が中天に昇る時、天霧が別の場所で騒ぎを起こすから、それに乗じて仙台城に乗り込めば何とかなるかもしれないと風間に言われました。

さぁ、善は急げ。
山南を倒しに行きましょう!!


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。