Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄桜鬼 巡想録 攻略日記18 *沖田総司ルート

*第二章*~沖田ルート攻略~


ある日の朝食後、普段と変わりない日々…ですが、池田屋事件以来、良くも悪くも隊士達が増え、屯所の移転に付いて論議する幹部達。
新しく入った一人の伊藤甲子太郎を巡ってはかなり不穏な感じ…。
幹部の結束にひびが入る雰囲気、この流れはまずい。

さて、総司の一言を思い出す千鶴。
例の【薬】について

・薬について調べてみる

あれだけ耳にしたらそりゃ千鶴じゃなくても気になるでしょ。
二周目では八木邸を調べましたが、今回は前川邸…。
一番怪しいっちゃ怪しいからねぇ…。

・前川邸を調べる

夜になり、こっそりと前川邸に忍び入る千鶴。
見つかったらただじゃ済まないだろうけども…。
そう思ってたら早速あっさりと総司に見つかってしまいました。ってか、あんたこそここで何してんのよ。
恐いものを見たらすぐに助けを呼ぶように釘を刺されました。
まぁあの副長にこれがばれたらそれこそ恐いものでは済まされそうにないからね。
仕方なく八木邸に戻ってきた千鶴、結局八木邸を調べる事にしましたが、大広間の方に人影が。

さて、その大広間には例の【薬】を飲もうとしている山南さんに出くわしました。
ご丁寧に薬の性能やら副作用やら聞いてもいないのにベラベラ喋ってくれましたけど…。
あと、この薬を千鶴の父親が作ったものだとかね。
ともあれ、山南さんをどうにか止めなければなりません。
ここで先ほどの総司の言葉を思い出す。

・声を張り上げる

まぁ武士でもない千鶴にこの時の山南さんの心情は解らんでしょう。
頭では理解できてもね。
まぁ、声を張り上げたと同時に山南さんは【薬】を飲んでしまいましたけどね。
そして結局理性を押さえられそうにない山南さん。
完全に失敗じゃないかよ…。
ようやく総司が来ましたけども、時既に遅し。

【沖田好感度+】

実験が失敗したら、総司が介錯する事になってたんでしょうかね。
山南さんにとってもそれの方が幸せなんじゃね?
その辺の事情が解る千鶴ではありません。
まぁそんな千鶴に総司は気持ちの良いほどバッサリ突き放す訳ですけどね。
そう、千鶴は完全なる部外者ですから。

でも確かこの【薬】って心臓突かないとダメなんじゃなかったっけ?

山南さんが死ぬ事が出来なかった事に安堵する千鶴。
まぁ事情知らないから仕方ないとは思うけどもねぇ…。

ともあれ【薬】に関する事を全部知ってしまった千鶴。
まぁそれを作った張本人の娘なんだから知るのが当たり前だと私は思いますけどね。

山南さんはこれ以後、表向き死んだ事になり、当然伊藤には内緒。
何処まで隠し通せるやら…。

最初の話題の通り、屯所が西本願寺へ移転となりました。
それからは平助の組との巡察で千鶴と瓜二つな女の子にあったり、将軍の警護任されたりと忙しい日々が続きますが、そんな二条城で鬼三人組が襲ってきました。
千鶴は女鬼とか言われましたけどそれどころじゃない。
山崎さんと逃げるかここに残るか…
部外者は立ち去りましょうねっと…。

・屯所に戻る

屯所に戻り、総司か平助の所に行くのが一番安全です。
さてどっちに行くか…

・沖田さん

総司ルートですから当然総司の所に行きますよ。
いきさつを総司に話します。あ、千鶴も鬼だという事を言われた事を省いてね。
…言っても良かった気もするけど…。
まぁ普段軽いけど結構真面目だからな、この人。
あぁそう言えば風間は池田屋で総司の因縁の相手だったな。

総司の風邪はまだ良くならず…ってか、ヤバいんじゃないの。
ただの風邪で血なんか吐くかよ…いや、喉切れたら吐くらしいけど。

今見た事は忘れてって、そんなん無理に決まってんだろが。
『忘れろ』って言われた事はたいてい忘れる事が出来ないもの…ですよ。
しかも千鶴は蘭方医の娘…その吐血がどういうものか察し位はつきますよ。

二条城の任務を終え、松本先生と会い、父親と羅刹に付いて話を聞く。
後日、その松本先生から総司は呼ばれました。
どうしたのか…って、そりゃあねぇ…

・沖田さんが心配

中庭の方に行ったらしいので追いかける。どの道順を行くか…
まぁ単純に追いかけた方が早いだろうな。

・追いかける

さて、中庭では松本先生に総司の病は労咳であると宣告されていました。
あぁ…ってか、やっぱりね。
本来なら新選組で刀振るってる場合じゃない。まぁ、刀振るえなくなる方が総司にとって痛手なんですけどね。
近藤さん達には言わないでほしい…まぁバレたら確実に新選組にはいられなくなるからねー…。
更に松本先生も松本先生で千鶴に黙ってた事がありました。

綱道が攘夷派の過激浪士と行動を共にしてるらしい…

あーこの時点で松本先生は知ってたわけね。

そんでもって立ち聞きは、当然のようにバレてました。
ホント、この子隠密行動はさっぱり出来ないね。山崎さんと行動一緒だったら足引っ張りまくってそうだ(笑)
とにかく病の事は誰にも言うなと。
まぁ仕方ないねぇ…。

【沖田好感度+】

さて、この後は二周目と一緒。
禁門の変が有って斎藤さんとの巡察で千姫と知り合いました。

ある日の午後、近藤さんにお茶を持っていく千鶴。
今、総司を松本先生に見せてるらしい。もしや近藤さんは総司の病気を知ってるのか…いや、知ってるなら松本先生は早速約束を破った事になりますけどね(笑)

そんでもって三条大橋の制札事件、千鶴が気になるのは

・羅刹の事

山南さんは最近おかしいらしいしね…何が成功例なんだか…
そんな山南さんに総司はあの薬は病気も治せるのかなって…

あれは傷を超人的に治せるやつだから労咳は無理じゃないのか?

それはそうと、例の制札事件で左之助が千鶴とよく似た人が新選組を邪魔してきたと言ってたらしいけど、先日会ったあの千鶴にそっくりの子だよね。
そういや一周目、二周目ではさっぱりこの子絡んでこなくて、存在なんか無かった事になってたな(笑)


薄桜鬼 巡想録 攻略日記目次
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。