Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京魔人学園剣風帖 レビュー

いわゆる人ならざる力目覚めた高校生達があらゆる事件やら陰謀やらに巻き込まれつつ愛やら友情やらを育んでいくそんなゲーム。

シミュレーションとRPGが合体したような感じなんですがAVGパートではキャラ達に十字キーと押しボタンで選ぶ8つの感情入力(喜怒哀楽)で会話していきます。
どれを選ぶかによってキャラの好感度が変化し、それによって仲間になるかならないかが左右されていきます。

AVGパートが終わると戦闘画面になり、それに勝利するとまたAVGパートに戻る感じです。

戦闘はゲーム初心者でもそんなに苦労する事は無いと思います。
最初は戸惑ってもすぐに慣れるでしょう。敵もそんなに強くないですしレベルも上げやすいです。本編とは別で旧校舎といってキャラ達のレベル上げの出来る場も有りますし。時間は無制限なので私は隙さえあればそこに篭ってました。
戦闘ではやはり『方陣技』がこのゲームの魅力ですね。特定のキャラ同士で発動できる必殺技です。
カッコイイのも有ればネタ的なものも有り、まぁ中には一回見たらもう良いか…なもの(要は使い勝手が悪い)も有りましたが、基本的には色々使えてました。

キャラは総勢26名。
正直、使うか使わないかかなり偏りは出てくるんですが、個性的で濃いキャラ達ばかりです。

会話やら方陣技使用回数やらで左右された好感度により特別イベントが見られたり、恋愛、友情イベントが見れるようになります。
12月にはクリスマスイベントが女性キャラ(+京一)と発生したり。

本編のディスクではヒロインの美里葵とその親友の桜井小蒔の恋愛イベントしか無いんですがオマケディスクの朧忌憚ではキャラ全員の(女性→恋愛、男性→友情)エンディングが見れるようになっています。

朧忌憚ではある条件をクリアする事によってキャラの好感度が弄れたりエンディングフラグが立てれたりとかある意味反則的なシステムがあったりします。(まぁ一回はゲームを最後までクリアしないといけないですが)←私は大いに活用していた。

メインシナリオも黒魔術、各種神話、天使、悪魔、古事記、ナチス等など何でもありなんですが、あれもこれもと詰め込みすぎな感じはしなかったです。
ただ、その辺の話に興味が無ければ『ふーん』で終わってしまうかもしれませんが。。

イラストに少し好き嫌いが別れるんですが、ゲームの内容としては抜群ですので、絵が嫌いじゃなければ是非プレイしていただきたい。

後はAVGから戦闘に移項する読み込み…まぁ仕方ないっちゃあ、仕方ないんですがね。
スポンサーサイト

コメント

コメント投稿

管理人にだけ読んでもらう

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。