Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバックテーマ 第1270回「目覚めの一杯、あなたは何を飲む?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です(^v^)/今日のテーマは「目覚めの一杯、あなたは何を飲む?」です!やっと9月になりましたね。だんだんと秋に向かって涼しくなってくれればいいですが、季節の変わり目、体調崩されませんよう元気に過ごしましょうね加瀬は最近(というかほぼ毎日)なかなか目覚めが悪く、ベッドか�...
トラックバックテーマ 第1270回「目覚めの一杯、あなたは何を飲む?」



断言して、ホットコーヒーですね。
まぁ朝じゃなくてもコーヒー党な私は、ほぼ一日中コーヒー飲んでます(特に休日とか夜勤入り)
なので、我が家はコーヒー消費量の激しい事(苦笑)

喫茶店に入って飲むコーヒーはだいたいドリップコーヒーなので、ブラックで飲むんですけども、インスタントコーヒーは不味くてブラックではまず飲めないんです。
とは言え、ドリップコーヒーは手間もお金も掛かるので、家では専らインスタントコーヒーなんですけども、インスタントコーヒーを飲む際はクリープと砂糖はスプーン1杯。甘過ぎるコーヒーはこれまた飲めない…(あぁめんどくさい)
なので、コーヒーが好きでも、缶コーヒーは飲めないんですよねぇ…;;
飲めて微糖;;

通販で売ってるドリップコーヒー ブルックスは、値段もお手ごろだし、そこそこ美味しいのでおススメ^^

紅茶も嫌いじゃないですよ^^
たまに飲むし。でも、ほとんどコーヒーだな、うん。

とりあえず仕事に行く前には珈琲を1杯飲まないと、その日一日調子が出ないんだなこれが。
スポンサーサイト

九龍妖魔学園紀 re:charge 攻略日記24


子に過ぎたるなし。千の倉より子は


───幸若「鎌田」



新たにバディに加入した夷澤、鴉室、響、JADEを使ってみようと、連れ回していたら、いつのまにかレベルは60になっていました。

スキルは敏捷カンストさせて、直感を80台に。
地学スキルをSSにして、10残して後は保険と技術に回しておきました。

4人を連れ回している間、アクセサリは叡智の仮面翡翠の仮面女神の真珠)を付けていました。(知性+30・経験値+50%)これで夕薙先輩ともう一人を上の4人を順繰り。
咲重ちゃん~夷澤のフロアを何周かしていたんですが、1周する毎にレベルは1必ず上がってました。
JADEのスキルをMAXにしたかったんですけども、気力が持ちませんでした;;

次のエリアに進む前に癒しの髑髏水晶の髑髏死反玉)、食神の魂ステンレス包丁オリハルコン)を調合しておきました。

装備はライフル、ファラオの鞭、荒魂刀、朱塗りの鎧、癒しの髑髏。
予備に八咫烏と、小型削岩機も忘れずに。
よし、行くか。

大広間の南東の方の扉が開くようになってます。
このエリアの石碑はほとんど歴史スキルSS要です。

豊世国入口、入ってすぐに宝箱と石碑。中身は勾玉

長鳴鳥は 岩の中で夜明けの訪れを ずっと待ち続ける

進んだ所に睡院メモ、ひび割れた壁が有り、宝箱からは長鳴鳥

海坂の間。
左を向くと窪みが有るのでそこにさっきの長鳴鳥を使用。
そうすると、足場が出来るのでジャンプして進む。
その先に睡院メモと石碑。

常世神は葉の上を 御毛沼命は波の上を歩く

常世の滝、入ってすぐにひび割れた壁。
宝箱から月草青生生魂。青生生魂は数学スキルSS必要です。

ひび割れた壁の右側が坂になってるのでそこから下に降りると3つの柱があるので、まずは東の柱を2回まわして波の模様に。
次に西の柱、スチームを消すために鎮火剤を使用すると、トラップ発動。APが切れるまでに西の柱を葉の模様に合わすとトラップ回避(東の柱が波になってなかったら、波に合わさないとトラップ止まらず、スチーム攻撃で瀕死)

多遅摩毛理の玄室。
入ってすぐにバトル。阿良々木がレベルアップしてますが、夕薙のスキルと丹波、荒魂刀を使えばそんなに苦労はしない。終わったらレリックドーン4体登場しますが、荒魂刀が凄まじい威力を発揮してくれるので、バッサバッサと薙ぎ倒し終わり。

石碑。

皇后は 王と同じ数の葉と枝を 欲した

枝と葉の像をそれぞれ4つずつになるように王と皇后の前に並べる。
狭いからちょっと苦労するけど、何とかなる。

黄泉の墓室に入るとバトル。先ほどと敵の内容は変わりませんので、夕薙のスキル、荒魂刀、足りない部分は真里野のスキルで倒す。
その後はレリックドーンを荒魂刀でぶん殴り終わり。

梯子を下りた所に石碑。

地の底が月の光に照らされた時 神への扉開かれん 其処に至る道を海水にて清め給え

豊世国の井戸を光の下に運んだら、井戸の中から変若水が出現。井戸の中に放置されっ放しだったせいかは知りませんが、微生物だらけで触れない模様。
食塩水を使用し、変若水ゲット。

変若水の間。
敵に囲まれるけど、夕薙先輩のスキルでさっさと倒す。
蛇の扉の前で変若水使用。その前に真里野が海藻サラダをくれました。
扉の前には最後の睡院メモ。

ひび割れた壁の宝箱からは遮光器土偶。これとさっき拾った勾玉を調合してプラズマ発生器ゲット。


さて、ボス戦です。

中に入るとマッケンゼンがフザケたポーズで挑発してきますが、軽く無視。

VSマッケンゼン

お供のコウモリ達はファラオの鞭で片付けて、マッケンゼンはライフルで眉間(顔辺り)を狙撃して、遠ざかる。
こいつの攻撃はそんなに強くないから、夕薙先輩の救命措置と癒しの髑髏と保健、技術スキルでほぼノーダメージ。耳鳴りは無視。関係ねぇ!

で、喪部君。
まぁ結局マッケンゼンは用済みだったらしい。

喪部【憂】

正体も判明。
魔人外法帖のあの人とは関係有るのかしら…。出来れば無関係であってほしい希望^^外法帖【愛】故に(笑)
正体を見て、君に勝てそうにないだろうとか言われるけど、いやぶっちゃけ弱そう

喪部【喜】

VS喪部銛矢

お供のコブラ達をファラオの鞭で倒しつつ、ライフルから八咫烏、癒しの髑髏からプラズマ発生器に変更。
どうも、長期戦になると面倒らしいので、短期決戦で行きたいと思います。
ある程度近づいてきたら、こっちから近づいて真里野のスキルを全弾ぶち込んで、後はファラオの鞭か荒魂刀で一発殴れば終了。
お供のコブラは喪部の後でも良いと思います。

そしてこの喪部君も迦具土に変身。
ただ、妙なのはこの人は墓守で無い筈。

VS迦具土

喪部戦と戦い方は一緒。
コブラをファラオの鞭で倒しつつ、迦具土が近付いてきたら、夕薙先輩のスキルを全部ブチ込み、荒魂刀で何回か攻撃したら終わりました。
この時もコブラは後回し。

迦具土からは色褪せた写真をゲット。
ただ、これは喪部君の物ではないのですね。

喪部君率いるレリックドーンは無事撤退。
いよいよ、次は Last Discovery 


九龍妖魔学園紀 re:charge

九龍妖魔学園紀 re:charge 攻略日記25


青春は短い。
 石の如くにしてそれを惜しめ


───評論家・劇作家・倉田百三



Last Discovery 暁はただ銀色


さて、今回の記事は、一応名前は伏せてるものの、バレバレだと思います。
御注意くださいませね。

とりあえず、白岐から呼び出しを受け、白岐の正体、双子の素性、この学園の中に眠る墓は一体何なのかというのを聞かされます。
そして大和の巫女から黄金の剣をありがたく頂戴する。

神話、古代のお話かと思いきや、とんでもない物が隠されていた訳です。

で、あらかた詳細を聞いてるとタイミング良く、ホントーにタイミング良くアロマ皆守がやってくるわけです。
良く考えたら今までもそうだったよな。
レリックドーンに占拠された時、銃弾をジッポ投げて弾く様な奴が、ただの一般生徒であってたまるか!

そんで、これもまたタイミング良く、墓の最後の鍵は開かれてしまうんですね。

すぐに放課後自由探索。
ここでこれまで仲間になったキャラ達とのイベントラッシュ。
条件がそろってるキャラ達と友情、告白イベントを見る事が出来ます。
女性キャラは皆守イベントの為にロストをした八千穂、白岐、舞草以外はほぼ見れた思います。
とりあえず真里野には全力で謝っておく。ごめん^^七瀬も抱きしめちゃったよテヘ☆

なのにっ!!

皆守イベントを取り零していた/(^o^)\

何処だ!!何処で落としたんだ私は…!
ヒロイン級の彼女達をロストしてまでお前を優先させてきたはず…なのに!!!!
おそらくあの3人をロストしていた事を考えると、10話で皆守の後ろから飛び付いたつもりが・・・飛びついてなかったのかもしれない…。
フラグ拾ってきたつもりでここまで来てるから何処で落としたかなんて分かんないですよ。
細心の注意を払ってもまさかのロスト…さすが巷で裏ヒロインと言われてるだけの事はあるなこのアロマ!
まぁもう一回やり直す気力はありません。なので、先に進めたいと思います。
雛川先生からの花柄のハンカチ、響君からの手編みのセーターは有り難く頂戴する。特に雛川先生からの贈り物は状態異常全部無効だから助かるわ^^(皆守クリスマスイベントは後でニコニコで見させていただきました)

さて、最後の決着をつけに最後の墓場探検ですよ。
バディは白岐は選択不可、皆守デフォルト…あーそうだろう、そうだろうよ。
もう一人はJADE・真里野・夕薙で迷いましたが、私は夕薙にしました。この人のパッシブスキルがありがたいんだ。

装備はライフル、ファラオの鞭、八咫烏、朱塗りの鎧、花柄のハンカチ
黄金の剣も忘れずに持っていきます。

そんでもって調合で作りまくった食べ物(回復アイテム)と弾丸やらを詰め込み、いざ出陣。

墓場では広間の中央部分。
ここに穴が空いてそこへ突入。

ここで今まで空席となっていた副会長の正体判明。
あーあーそうだねそうだね!こいつは要所要所で怪しかったんだ。
一緒に過ごしたこの3カ月、楽しかったじゃねぇよ!
転校初日からクリスマスまでのコイツとのやり取りが走馬灯のように思い出されるわ(泣)
クリスマス逃したけどさー。

前チャプターで迦具土から拾った色褪せた写真について、話してくれたけど、おいラベンダー教師!
だからアイツは常々無気力だった訳ね。そりゃ目の前であんな事されたら、それも16~18の多感な時期よ?そんな時期にあんな事されたら、そら病むわ。
命を賭して、命の大切さを教えようとしたんだろうけどさ、まぁそうでもしなかったら副会長に処罰されて終わりだったんだろうけどさ。

とりあえず、クソったれな副会長と戦闘です。
皆守は抜けたし…行くぞ、夕薙!
この大馬鹿野郎を必ず外に連れ帰ってやる!

VS 副会長

こいつはとりあえずAPが反則並に多い。AP140ってバカじゃないのか。
こいつの弱点は腰。後ろから銃で狙い撃ちして、対角線上の角にダーッと逃げる。
だから葉佩のAPが低いと、勝ち目はありません。
最低でも160前後は欲しい所。
なので、もしかしたらJADEの方が楽に倒せたかもしれない…。補正スキルAP+25は素晴らしすぎる。
とりあえずチビチビ削りながらたまに攻撃くらいながら(夕薙の回復スキルと、保健、技術スキルでカバー)
倒しました。
無気力でどこかやるせない表情で蹴り飛ばしやがってこの野郎・・。

VS 阿門帝等

戦い方は副会長と一緒。
ただ、副会長よりかはAPも低いし、レベルアップした皆守が上段蹴りをする上に正面からの攻撃見切り…なので、ハッキリ言って楽。
弱点の頭を狙い撃ちして横移動してたらアッサリ倒せました。
とどめ刺す前にファラオの鞭を黄金の剣に持ち替えます。

VS 荒吐神

こいつには黄金の剣が効いてます。
出来るだけ正面から攻撃を受けるようにして皆守の見切りスキルを大いに頼らせていただきました。
黄金の剣+八咫烏で殴り続けて、回復しつつ戦ってたら、こいつも至極あっさり。

副会長さえどうにかなれば、後はそんなに苦労しませんでした。
あの副会長が実質のボス戦だと思います。

その後はお約束の様に、遺跡は崩れ始めて行くわけです。
「墓守として多くの人を傷つけてきたから…」とか言い始めて、生徒会長、副会長はここで死ぬ気満々。
ふざけんなよ誰が死んで良いって言ったよw
勝手に二人で死のうとしてんじゃねぇよ!
そもそも副会長、自分も同じ事してそれで今トラウマになってて苦しんできたんでしょうが!
同じ事しようとしてんじゃないわよ!
墓場から首根っこ掴んで引きずり出してやる!!

このクソったれな副会長に全力で【愛】連打である!

まぁ双子のおかげで皆全員無事に抜けてこれた訳ですけども。

で、そうそう、結局秘宝は無かった訳なんですけどね、個人的に全くノーマークだったアイツが持って行ってたわけね。惚けた面してやってくれるわ。
まぁ、楽しかったから良いけどね。


エピローグ 遠くはるかに

残り僅かな高校生活、やっと普通の青春を謳歌できそう…と思ったのも束の間。
葉佩は次の遺跡探索に赴かなくてはならなくなりました。
それも遠く北海道最北の少年院。
すぐに旅立つ為、仲間達ともお別れです。

屋上には皆守がいました。

そう、これがやりたかった。

「皆守を殴る」

無印が発売され、プレイしたほぼ全員が思った事「皆守を殴りたい」(笑)
ようやく殴れてスッキリしましたよ^^

ホント、ふざけんなよ皆守テメェこの野郎!!あぁ、後阿門もね。

これだけふざけた事やらかしておいて、私を含める九龍クラスタから愛される皆守、有る意味、天性の才能だと私は思いますよ^^

さて、本当に長かった九龍妖魔学園紀もとりあえず終了いたしました。
クリア後は、阿門、マスター他数人バディに加わり、色々まだ遊べるようです。そして
タイトル画面の「九」の文字が銃で撃てるようになり、黄龍妖魔学園紀となり、所謂隠しルートをプレイできるようになります。
これは、東京魔人学園剣風貼の主人公緋勇龍麻が、落ちていたH.A.N.Tを拾った事から、天香学園に転校し、物語が始まります。
話自体はほぼ、本編と一緒で、自動で仲間になるキャラが若干違ったりする感じです。
魔人をやってる人からしたら、大きなおまけですね。

私はとりあえず、また忘れた頃に2周目、黄龍モードはプレイしようかと思っています。
だってもう疲れたよパトラッシュ…

最後に、バディとなる仲間達、成績表の私なりのおススメスキルなどを書いて、まとめ感想を書いて、終わりとしたいと思います。


九龍妖魔学園紀 re:charge

九龍妖魔学園紀 re:charge 攻略日記26

 真の友こそはあらゆる宝の中で
 最も大きなであり、
 しかも人 それを心がけることの
 最も少ないである


───ロシュフーコー



これで九龍妖魔学園紀のカテゴリーに入れる記事もとりあえずは最後になります。
葉佩九龍と愉快な仲間達。
多くの仲間達と出会う訳ですが、使える仲間もいれば、全然使えない仲間も…。
プレイヤーによって、思い入れのあるキャラは違うのでしょうね。
とりあえず一通り使ってみた印象やら感想、私的おススメバディを書いていきたいと思います。

以下A…アクティブスキル P…パッシブスキル


■八千穂明日香
A:スマッシュ
P:リターン 
第一話からの強制加入のバディ。
序盤~中盤、勿論終盤まで頼りになる。スマッシュの敵への威力は驚異的である。
敵からの攻撃を打ち返すリターンも素晴らしい。アンタ、オリンピック選手になれるよ(笑)
ジャンプ力を上げるスキル体育+10は魅力的。

■皆守甲太郎
A:アロマを吸う
P:うとうとする
第一話からの強制加入バディ。
一見役に立たなさそうなスキルなんですけどもね、これがまた助かるんですよ。
A,P両方、正面からの敵の攻撃を避けてくれるんですが、何度も助けられたプレイヤーは多い筈。
ただし最終話の阿門戦からAが上段蹴り、Pが見切りに覚醒。
お前そんな事出来るなら、もっと早よせぇやと思ったプレイヤーも少なくないはず(笑)
マイナスになる事で影響の出るスキルがほとんど無いです。音楽が-5なくらい。
AP上昇の敏捷+20はかなり魅力的。

■白岐幽花
A:魂振
P:道反之祝詞
第九話からの強制加入バディ。
回復役として魂振はそこそこ使えるけどパッシブスキルの方は使える相手が限定される。最終戦には使えないけど、中盤のボス戦で呪い付加の相手には抜群。
全武器の攻撃力を上げる直感+40は有り難いけど、他が結構マイナスになったり、学科スキルの+補正があんまり魅力的じゃない;;

■取手鎌治
A:フォルツァンド
P:回転
序盤の魔人相手には絶大な効果を誇る音波系攻撃のフォルツァンドは、そこそこ使える。後ろからの攻撃を回避してくれる回転も有りがたいけど、中盤に仲間になる夕薙の音波系攻撃には劣るから、中盤以降はあんまり連れて行ってませんでした。
ただ、宝箱の鍵を開ける数学スキルが+5は結構ありがたかった。

■椎名リカ
A:可愛げ投げ
P:爆発物の知識
フリフリの見た目に反して、扱ってるのは爆弾ですからねこの子w
だからスキルも爆弾系に関してのものばかりなので、爆弾を使う人にとっては役に立つんだろうけど私の主な武器は鞭と斧でしたので、戦闘であんまり使う事はありませんでした。爆弾の攻撃力アップの爆発物の知識、育てたらかなり強力らしいけどね。
爆弾の威力を高める化学スキルが+10、経験値アップの知性が+15が魅力的かなぁ…。

■黒塚至人
A:謎の石
P:ほくそ笑む
ハッキリ言って、使えなかった。謎の石はランダムで自分のHPが半分になったり敵のHPが半分になったりで、当たれば良いけど、外れたらはっきり言って戦闘は終わってしまうので…。敵を倒した後のアイテム回収アップのほくそ笑む…レアアイテムを拾おうと思ったらこの人連れてったら役に立つだろうけど、使わなかったからと言ってクリアできない訳ではないから、あんまり使わなかったんだな私は;;
AP消費削減の地学スキル+10はかなり魅力なんだけどな。

■朱堂茂美
A:ブルズアイ
P:俊足のオカマ
意外と使えるんですよ茂美ちゃんw射撃系の攻撃スキルブルズアイで、銃では倒しにくい敵があっさり倒せるから、雑魚戦ではかなり有り難い。AP消費削減の俊足のオカマはかなり有り難い。これで戦闘はだいぶ楽になるから。オカマの脚力なめたらあかんぜよw
学科スキルの補正はイマイチだけど、AP上昇の敏捷+30はかなり魅力的です。

■舞草奈々子
A:あつあつピザ
P:特製ドリンク
APが0にならないと特製ドリンクで回復してくれないのが惜しい。あつあつピザも、使えるっちゃあ使えるけど、八千穂には劣るから結局連れてってなかった。調合の腕が上がる生活スキル+10がありがたかったから調合する時にバディに入れる位でした。

■肥後大蔵
A:吸い取る
P:肉布団
吸い取るで、敵にダメージを与えつつ経験値を奪ってはくれるんだけど如何せんリーチが短い。育てた所でリーチが伸びる訳でも無いし。全方位からの攻撃を軽減してはくれるけど、敵に囲まれたりしないように戦闘は進めるからあんまり使えないよな…。補正スキルもあんまり魅力的じゃないんだなぁ…。近接武器の攻撃力アップの身体+15は良いけどむしろ敏捷、体育共にマイナスになるのは戦闘的にも探索的にもかなり困る…。

■真里野剣介
A:原子刀
P:剣術指南
近接系武器の攻撃力を上げてくれる剣術指南。主に私は近接系武器で戦う事が多く、このスキルには大いに助けて頂きました。全バディで最強を誇る打撃攻撃の原子刀はボスにも使える事が多く、しょっちゅう連れ回してました。ただ、リーチが短いのが惜しいだけ。身体スキル+25はかなりオイシイ。

■七瀬月魅
A:知識の重み
P:豊富な知識
リーチも短く、攻撃力もあんまり無い知識の重みは正直使える事は少ないけど、経験値アップの豊富な知識はありがたい。遺跡探索に必須である石碑の解読に必要な歴史スキル+15は大きい。(攻略本見ながらやる人にとってはいらないですが)経験値アップの知性+25はかなりオイシイけど、終盤は調合アイテムの叡智の仮面があるからあんまり重用しなかった。

■雛川亜柚子
A:チョーク投げ
P:個人レッスン
相手を粉状態にするチョーク投げ。威力は小さいけど、このスキルを使った後に爆弾を使うとかなり強力。レベルアップした時に貰えるスキルを上げるポイントが増える個人レッスン。さっきも書いた通り、私の場合、爆弾はあんまり使わないから、連れて行く機会はあんまり無かったと思います。

■墨木砲介
A:三点バースト
P:練弾術
銃弾要らず(笑)一定の確率で銃の弾薬を補充してくれる練弾術、結構私は使ってました。近接武器だけではやってはいけないので、銃もそこそこ使ってましたので。銃攻撃の三点バーストは雑魚戦での有効性は八千穂と並びます。ただボス戦ではあんまり使えませんでした。銃攻撃力アップの洞察+30、ウェアの耐久値回復の技術スキル+10が魅力的

■トト
A:魔の磁界
P:砂鉄の壁
敵のAPを減少してくれる魔の磁界はそこそこ有効。敵の攻撃を完全に無効化してくれる砂鉄の壁は有り難いけど育てても発動率が低いから結局は皆守を連れて行く事になる為、あんまり連れて行けなかった。
ただスキルの補正が魅力的なのが多いです。
知性+15、直感+5、数学+10、地学+5、生活+5
これだけ補正してくれるのはかなりオイシイ。

■双樹咲重
A:甘美な香り
P:危険な香り
状態異常の睡眠を付加できる破邪攻撃の甘美な香り。破邪攻撃は神鳳やルイ先生に頼ってたので、この子もあんまり使ってなかった。隣接した敵を麻痺状態にする危険な香り、発動したら良いけど発動しなかった場合は恐ろしく、リスクが高いからそんなには使えない。魅力的な補正スキルは移動時にHP回復する保健スキル+10位かな。

■神鳳充
A:立ち引き
P:口寄せ
破邪攻撃でしかもリーチの長い立ち引きはルイ先生加入まではだいぶ使ってました。死人からの攻撃を完全無効化の口寄せでは、この人がバディに入ってから登場するボスで死人はだいぶ限られるから使う頻度は多くないです。
直感+25はかなり魅力的。

■劉瑞麗
A:螺旋掌
P:活剄
破邪攻撃の螺旋掌はかなり強力。育てたらボスにも通用するので、かなり使えるバディ。
育てたら最終的に状態異常全てをターン終了時に治療してくれる活剄も魅力的。補正スキルも身体+10、知性+15、敏捷+10、保健+15がオイシイ。

■夕薙大和
A:月の波動
P:救命措置
最終話、ラスボスまで私はこの人を使っていました。それだけかなり使える人という事で。
ノックバック付きの音波攻撃の月の波動、ターン終了時に残APを使ってのHP回復は素晴らしかったです。
身体+15、保健+5、技術+10のおかげで、ノーダメージでクリアできたボスも少なくないはず。

■夷澤凍也
A:凍拳
P:カウンター
育てれば、氷属性の攻撃凍拳はそこそこ使えるけど、育つまでがちょっとしんどい。もう少し早く仲間になってくれればね…。カウンターに関しては隣接する敵に攻撃してくれるけど、まず自分から隣接した状態でターン終了する事が少なくてね;;八千穂の使い勝手の良さには負けるから結局あんまり使わず終いでした;;;もう少し育てられれば良かったかな。敏捷+10、身体+15がオイシイ。

■響五葉
A:やめてー!
P:来ないでー!
意外や意外、音波攻撃のやめてー!は夕薙先輩のスキルをも超す威力を発揮。来ないでーは隣接している敵のAPを減少させるスキル。音波攻撃の威力が高いにも関わらず、夕薙先輩を使い続けた理由は、AP減少に私自身がそんなに魅力を感じる事が無かったからです。発動して役に立った経験が有ったら良かったんだけどねぇ。直感+15、敏捷+5とこの辺も使えるんですけどねー。

■鴉室洋介
A:Gキャノン
P:Cクロス
ダメージ値がランダムで毎回違うGキャノン。大当たりしたらかなりの威力らしいのですが…;育つまでがしんどい。もう少し早くバディに加わってくれればもっと使う機会は増えたかもしれないのに惜しい。側面からの攻撃を軽減するCクロスもそこそこ有り難いけど、皆守とかトトのように回避とか無効化してくれるわけではないから、これも惜しい…。魅力的なスキル補正も直感と身体が+10な位です。

■境玄道
バディにし損ねてるので、使えなかったんですが、あんまり使い勝手はよくないようです;;

■JADE
A:流遡刃
P:水流尖の術
レベルが低い内でもそこそこの威力を発揮してくれる水属性の流遡刃は結構使える。隣接した敵を吹き飛ばしてくれる水流尖の術もまだ使える方。スキル補正もマイナスになるスキルが無いし、敏捷+25、地学+5はさすがは忍者。ただ、この人もバディに加わるのが終盤。JADEショップの常連なんだから、もうちょっと早く手を貸して下さいよ、若旦那(笑)

おススメのバディは八千穂、皆守、真里野、夕薙、瑞麗、JADE辺りでしょうか。後は白岐、茂美ちゃんとかかなぁ。クエストで遺跡回る時は砲介が居たら銃弾少なくて済むしね。
スキルに関してはまずは敏捷でしょうね。後はやっぱり地学、数学、歴史、保健、技術辺りです。体育もそこそこ上げておかないと、八千穂のスキル頼りでは八千穂を連れていけなかったらキツイです。
逆に全く上げなかったスキルも多いですけどね。美術とか音楽とか倫理とか…。

九龍妖魔学園紀 クリア後の感想 レビューの様なもの

体験を通じて身についたものは、
その人だけに与えられた
何にもまさるである


───松下幸之助


さて、長かった九龍妖魔学園紀も、ようやく終わりに辿りつく事が出来ました。
9月6日、何気に九龍の日なんですねぇ。言われて気付いたんですが、そんな日にプレイ日記最後の記事を書いて、レビューを書いてる辺り、何かの運命を感じます(笑)これがアップされる頃は日付変わってるでしょうけどね;;

この作品は無印が発売され、その前に発売されたジョヴナイルであるという東京魔人学園からのファンでして、私にとっては思い入れの強い作品です。

オリジナル版が発売されたのが2004年、そしてこの九龍の舞台も2004年。ストーリー的にも色んな意味で古臭さは感じるものの、やっぱり良いものは良いんですね。プレイ時間100時間とたっぷりと楽しませていただきました。

主人公葉佩九龍(名前変更可)は全寮制の天香学園に眠る秘宝を求めて転校してきた若きトレジャーハンター≪宝探し屋≫。トレジャーハンターとは、世界各地に眠り散らばる秘宝を探し遺跡を探索する職業。
この天香学園は教師ですらその絶対権利に逆らう事の出来ない≪生徒会≫の支配下にあり、学園の墓地と言われる地下に巨大な古代遺跡が眠っていた。
数々の謎を解き、知恵と勇気で進む九龍と、彼がこの3カ月に出会った仲間達と力を合わせてやがては大きな敵に立ち向かう…。
その仲間達というのがまぁ個性的の中の個性的。
ストーリー展開は神話、古代の歴史を主にしたものかと思えば、とんでもないSFの世界にぶっ飛んだりと、ハッキリ言って王道とは言えませんし、かなりマニアックでしょうね。だから、ハマるか、やっても全く興味惹かれないかは分かれると思います。

このゲームは、前半がアドベンチャーパート、後半がRPGパートと2部構成になってます。
最終話を含めて全13章からなるストーリーはまずアドベンチャーから始まります。
数々の仲間と出会い、会話の中で主人公は愛、喜、友、燃、寒、怒、憂、悲、無視という9通りの感情を入力し、この入力の仕方で、仲間達の好感度が変わり、仲間に加わってくれたり、貴重なアイテムを貰えたりします。
肝心の主人公の姿、形はゲーム中は全く出てきませんが、この感情入力システムのおかげで、自分の感情を相手に伝える事が出来る訳ですので、存在感はバッチリあるんです。声も姿も無いのに不思議です。
ただ、微妙な感情の差で、仲間になってくれなかったりイベントフラグをロストさせてしまったりする事も多く、難易度はかなり高めです。アドベンチャーパートの中でセーブは一回しかできないので、もう一回やり直すのがたまに面倒になってしまったり…。面倒でももう一回やり直したいと思えるゲームではあると思いますが、やはり、この辺は攻略本や攻略サイトの助けなしに、全員仲間を揃えるのは、かなり至難の業だろうと思います。

アドベンチャーパートが終わったら、そのアドベンチャーパートで起こった事件を解決するために遺跡を探索するというRPGパートに移行します。
各エリアには色んな仕掛けが施されており、遺跡内の物を動かしたりする事で解除できる者も有れば、持ってるアイテムを仕掛けに使用して解除したり、時にはトラップも発動したりと、ボリューム満点です。
遺跡の中なので、開放的ではないですが、謎や仕掛けを解いていく作業が楽しくて、全く飽きる事はありませんでした。
使用するアイテムも、テニスコートから拾ってきたワイヤーだったり、普通の食塩水だったりと、身近にあるものも多く、何だか笑ってしまいます。

バトルはターン制で、移動や攻撃、アイテム使用等共通したAPというポイントを割り振りながら進めて行きます。
APをギリギリまで使って移動しすぎると、攻撃へ回すポイントが足りずに、敵のターンで総攻撃喰らって死んだ…とか少なくありません。グイグイ力押しをすれば良いというものではなく、如何に効率よく敵を倒すか、結構頭を使わないと切り抜けられません。
敵も敵によって弱点があり、銃で足首狙わないと敵のHP削れなかったり、剣は効くけど鞭や爆弾は効かないとか、細かいところまで凝ってあって面白いです。
なので、武器の種類も様々…剣があり、弓があり、日本刀があり、刀があり…と豊富すぎるほどです。それらをどう使いこなすかはプレイヤーの数だけ存在する様ですね。私は戦斧を愛用してましたが、友人は使った事無いらしいですしね(笑)クエストの内容によってはカッターナイフやボールペンで敵を倒しますからねこの主人公君は(笑)
闇雲に戦って切り抜けられるほど甘くはないので、アドベンチャー同様、RPG,バトルも難易度は高いです。しかし、コツを掴めば、このバトルは楽しくて、病みつきになる人も少なくないでしょう。
飽きそうな様で、でもギリギリの所で次に進めたくなるこのバランスは絶妙と言えるでしょう。

バトルをこなして、レベルを上げて行くんですけども、レベルが上がると、2種類のポイントが貰え、そのポイントを各ステータスに割り振っていきます。
このステータス表も、高校が舞台という事で、成績表です。
体育スキルを上げるとジャンプ力が上がったり、化学を上げると爆弾の攻撃威力が上がったり、英語を上げるとネットショッピングで買える品物が増えたり、生活スキルを上げて調合の腕を上げたりと、芸が細かいです。
成績表なんてもう何年も前に貰う事は終了しましたけど、懐かしいやら面白いやら。

アイテムは2つのアイテムを組み合わせて別のアイテムを作る『調合』というのがあり、これがまた楽しいんだな。
霜降り肉と桜肉で挽肉作って、それとラード合わせてハンバーグ作って更にチーズと合わせてチーズハンバーグ。卵のうと唐辛子合わせて明太子とかね。更にはゴム風船使って爆弾作ったり。
回復アイテムが鍋やらカレーやら焼きそばパンやらってのも何だか現実味が有って笑っちゃいます。
(ボスの前で呑気に鍋食ってる葉佩を想像したら笑えるわ)

遺跡探索に一緒に行くバディである仲間達を連れて行くと、そのキャラ達に合わせたステータスが補正されます。
例えば、体育得意な子を連れて行くとジャンプ力が上がったり、その代わり知性が減ったり。
キャラの好き嫌いや、補正バランスを考えてバディを連れて行くのもまた楽しいのです。

本編とは別に「クエスト」というものがあります。
怪しい依頼人が怪しいものを欲しがり、品物を渡すのと引き換えに報酬を貰います。
依頼品によっては、全然その辺で売ってそうなものもあるんですけどね。
『入手困難な明太子を入手してくれ』とか『今話題のホットドッグを送って頂戴』とか…。
此処で頼むよりスーパーまで走って買えやと突っ込んだ事も少なくないです(笑)
無視しても話を勧められない事はないですが、この依頼人達からの報酬が仲間加入に必要なものだったりもするので、全くクエストをやらずに進めるのはちょっと厳しいです。
これに煩わしさを感じてしまうなら、このゲームとは合わないと思います。

舞台は全寮制で、閉鎖的な不気味な雰囲気の学校ですが、普通に授業があり、昼休みがあり、売店があり、友達やクラスメート、先生や後輩達が居て、極々普通の高校生活、巨大遺跡や、毎日毎日事件が起こる様な普通では絶対にあり得ない様な日常生活、この二つが合わさった奇妙なこの独特の世界観が、九龍妖魔学園紀というゲームの最大の魅力だと私は思います。
現在学生生活を送っておられる方にとっては、等身大の高校生(まぁ中には逆立ちをしても高校生に見えない子たちも居ますけど)の姿を見る事が出来るでしょうし、大昔に学生は卒業された大人の皆さんにとっては、一種の懐かしさを感じる事が出来ると思います。
是非、一風変わった短くて濃い高校生活の青春時代を送ってみては如何でしょうか。

難易度はかなり高いですが、PS2の隠れた名作です。
PS2が動いている内に是非、一度は手に取って頂きたいゲームです。
無印版より、若干のシステム補正とエピローグが加わったre:chargeの方が良いと思います。


※各プレイ日記冒頭に記している宝に関する名言は、タイトル画面の前にランダムで表示されるものから取ってきました。

ニーアレプリカント やり始めの感想

とりあえず、初めての狩りやら依頼やらをこなした所です。
1時間半ほど遊んでの感想ですので、まだ序盤ですが、現時点での印象を書いてみたいと思います。

物語的なネタバレはしませんのでどうぞ。
いや、序盤だからネタバレもクソも無いと思うけども。

オープニングから、あんまり明るい雰囲気ではありませんね。
いや、寧ろ暗いな…(苦笑)
おそらく、このニーア・レプリカントの世界観がこんな感じなんだろうな。
私は嫌いではないです。

物語的にはまだ何とも…。
幼い兄妹二人で暮らしているニーアとヨナ。
病弱な妹ヨナの為に頑張るお兄ちゃん…みたいな感じ(大ざっぱ過ぎる)
一番びっくりしたのは、このニーア・レプリカントの舞台が日本だったという事です。
現代から1412年後らしいです。
地味に東京タワーがチュートリアルで出てたのには笑った。
スカイツリーじゃないのね^^
いや、どうみたってどこか良く解らないヨーロッパっぽい異国の地だろ(笑)
この記事書くまでニーアのあの世界が日本の東京だという事はすっかり忘れておりました。
まぁそんな事はどうでも良いですね。

キャラに関しては、今の所、主人公のニーアと妹のヨナしか出てきてないのですが、悪くはないです。
村の人達にお世話になってる事はちゃんとニーアは理解してるし、お礼も言える。
一瞬、某アニメの某兄妹を思い浮かべましたが、すぐに撤回。(何のアニメかはちょっと伏せておきます)
移動時、ニーアが走ってると時々村の人からすれ違い様に声掛けられるんですよね。
それも、よく慣れ親しんだ田舎とかで目にする様な、取り留めの無い言葉。
何か妙に現実味があって、ちょっと温かみを感じました。良いですねぇ。

グラフィックは、直前までちょっと昔の作品をやってましたので、綺麗に見えます。
基本的に私はグラフィックの綺麗さはあんまり気にはならない方なのですが、PS3にしてはちょっと質が落ちてるのかなぁとは思いますが、このゲームの雰囲気に合わせる為にわざとなのか、そうでないのかは現時点では定かではありません。
が、移動時のカメラワークとかが、まだ慣れてないせいかちょっとやりにくいです。チュートリアルの戦闘で結構このカメラワークで苦労しました。
上下左右を反転したらマシにはなったけどね…。

バトルはアクションです。
通常攻撃と、黒の魔法攻撃が使える様です。
適当に突っ込んでって力押しでどうにかなる様なものでもなさそうです。
バトルに関してはまだ理解しきれてない部分もたくさんあるので、現段階では何とも言えませんが。

他に気になった事と言ったら、マップが若干見辛い。
これも慣れたら自分がどこにいるのか解るんだろうし、まだ次に行く所に赤い×印が付くので解りやすくはなってます。

全体的にダークな印象は受けますが、これから話が深く進んでいったら、やりがいのありそうなゲームだとは思います。
私は、続きが楽しみですし、ガンガンやり込んでいきたいと思えるようなゲームだと思いますよ。

ニーアレプリカント 攻略日記1

まずはオープニング。
現代から1412年後の東京だそうです。
え?東京??嘘だろw?

主人公の名前を決める。
ここはもうタイトルの通りニーアで決定。
ニーア以外の名前にも出来るみたいなんですけどね。

兄妹の傍に黒と白の書らしきものが落ちていました。
ヨナの為に食べ物を探すニーア。

戦闘のチュートリアル。
チュートリアルの為、サクサクレベルが上がります。
このレベルのまま進むんだと思ってたら、本編が始まったらレベル1に戻ってました。そらそうだなw
このチュートリアルのボスで一回死にかけました。
うん、適当に戦ってりゃ良いってもんでもないんだな。

出来るだけ遠くから黒の矢をボスに向かって何回か放つと敵がダウンするので、頭の辺りに出た時計みたいなものが一周するまでに倒せばボスクリア。
標的を当てるのがちょっと手間取ってました、多分それは私が下手なだけなんだろうと思う。

ヨナに危険が迫ってるらしいので、急いでヨナの所に戻ると、黒の書に取り憑かれたらしいヨナ。
(本を触ったらしいのね)

そんな所で本編開始。
ニーアとヨナの家のベッドでヨナと会話。
家でアイテム拾って広場に出る。

村中をアイテムを拾いつつ一周してみる。
人と会話したり、箱を壊してアイテム手に入れたり。
一回池に落ちて溺れましたw←

ポストでセーブ。

ポポルさんがお呼びらしいので、図書館に行ってみる。図書館は一周してみたけど何も目新しいものは無かった。

図書館の一室にポポルが居るので、話しかけると仕事の依頼が。
商店街からの仕事との事で、北平原の羊から肉を3つ取ってくる事と、その道具屋から薬草を3つ買って来てくれと。薬草代にとポポルさんは太っ腹にも1000Gもくれました。
しかも薬草とかその辺に落ちてるし、この1000Gは有り難くネコババ…いや、ポポルさんはあげるよっていってくれてたしね、うん。

北門から出て、羊を倒しまくり、羊の肉やら毛皮やらをたんまりゲット。
無事にクエストも終わり、家へ帰りヨナと会話。
翌日、村を一回りしてまたアイテムを拾い、ポポルの所へ。

北平原の橋が壊れてて魔物が現れたから退治するという依頼。

北門から出てまた羊を皆殺しにするニーア少年。
後ろ向いてる奴等は後ろ下痢してくるので要注意。
コマンドで獣を呼ぶを選択すると、無表情の羊たちが無言でやってきてくれるので、そこをすかさず倒しまくる。
たまに逆襲に会いましたが(笑)
北平原の方へ行き、重攻戦士4匹と戦闘。
ちゃちゃっと倒して終了。

村へ帰り、ポポルの所に行き、報酬ゲット。
ニーアがせっせと羊を倒している間、図書館にヨナが来て外の世界の事をやたらと知りたがってたんだそうです。
嫌な予感フラグだよなぁコレ…。
家へ帰ると案の定ヨナは行方不明。
とりあえず図書館に戻りポポルに聞く。
どうやら石の神殿に月の涙を探しに行ったらしいという事。東門から行くんですね。
道具屋で、東門の地図を買っておく。

東門にはヨナのリボンが落ちてました。

とりあえず一旦戻ってセーブ。

ニーア・レプリカント 攻略日記目次

HOME このページの一番上へ 次のページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。