Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛葉ライドウアバドン王やり始め~中盤

超力兵団をクリアして間もなくしてからアバドン王をやり始めました。

最初ボタンの位置が違うから、慣れるまでにちょっと時間がかかりました。
銃撃のつもりで押したら通常攻撃だったとか。

まぁ今回は銃撃はほとんど使わなかったのですけどね(最初の葛葉の試練の所だけだった)
属性攻撃は全部仲魔に任せてましたし…銃撃に弱いって言う悪魔はいたけど銃撃弱点は無かった気がする…。

話も前作に比べれば、深みが有るというか印象強いですね。
その代わり陰鬱満載ですけども。

擬態で金王屋に行けたり龍穴からいつでもヴィクトルの所に行けるようになったのは正直かなーりありがたいです。悪魔合体し放題だ!
ただし、悪魔会話はたまにめんどくさくなりますけど。

中盤までのボスであり、この話のカギともなる弾…妹想いが暴走しているだけといったらアレなんですけど(所謂シス●ンだろあれ)その暴走のとばっちり喰らうこっちはたまりませんよ。
まぁ、気持ちも解るし茜の立場になったら自分の人生って何だと思うだろうしね。
私が悪魔の忠誠度貯めたりスキル覚えさせるためにレベル上げしてたせいでライドウも勿論レベルが上がりまくってたのもあるんだと思いますが、ボスが全体的に弱い…??
属性で弱点突いてったらほぼノーダメージとか結構あった気がする。
まぁやっかいな敵もありましたけどね…ボスではないにしろ3章辺りでは魔人に泣かされたわ。

中盤を超えると魔人にも立ち向かえるレベルになってきますけどね。

クリアをしたらまた感想は書きたいと思います。
スポンサーサイト

ゲームレビュー一覧

東京魔人学園剣風貼
東京魔人学園外法貼
東京魔人学園外法貼血風録
遙かなる時空の中で3
遙かなる時空の中で3 十六夜記
遙かなる時空の中で3 運命の迷宮
幻想水滸伝
幻想水滸伝Ⅱ
幻想水滸伝Ⅱ 外伝
幻想水滸伝Ⅲ
幻想水滸伝Ⅳ
幻想水滸伝Ⅴ
采配の行方
薄桜鬼
葛葉ライドウ対超力兵団
葛葉ライドウ対アバドン王
キングダムハーツ ファイナルミックス
薄桜鬼 巡想録
遙かなる時空の中で5
幻想水滸伝ティアクライス
大神
最後の約束の物語
九龍妖魔學園紀 re:charge
ニーアレプリカント
キングダムハーツ2
無双OROCHI2

未クリアゲームリスト

管理人の積みゲー&これがやりたいのだよゲームリストです。
消化ペースが亀並に遅く、どんどん増えていく一方なんですが…。
どれからやるか、いつやるかは、未定…予定は未定なんです(笑)

一応近々プレイするつもりでいるものに関してはこの色
未購入のものに関してはこの色で表しています
色づけされていないものに関してはとりあえず手元にあるやつです。手元にある…相方君の物であったりはしますが…

≪PlayStation3≫
FINAL FANTASY XIII
アルトネリコ3
・真・三國無双5
キャサリン
End of Eternity (エンド オブ エタニティ)
・ワンダと巨像
・ICO
二ノ国 白き聖杯の女王

≪PlayStation2≫
FINAL FANTASY X
・FINAL FANTASY X-2
・FINAL FANTASY XII
龍が如く
ロマンシング サガ
アルトネリコ2
・Rhapsodia ラプソディア
・真・翡翠の雫 緋色の欠片2
・薄桜鬼 黎明録
・.hack// vol.1~vol.4
・オーディンスフィア
・テイルズオブシンフォニア

≪PSP≫
・東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚
・ジャンヌダルク
・ナイツ・イン・ザ・ナイトメア
ペルソナ3ポータブル
ペルソナ
英雄伝説 空の軌跡FC、SC、the 3rd
華ヤカ哉、我ガ一族
華鬼 ~恋い初める刻 永久の印~
・ペルソナ2罪
・プリンセスクラウン
グランナイツ・ヒストリー
・テイルズオブファンタジア

≪Nintendo DS≫
女神異聞録 デビルサバイバー
・すばらしきこのせかい
・世界樹の迷宮
・世界樹の迷宮II 諸王の聖杯
・世界樹の迷宮III 星海の来訪者
真・女神転生 STRANGE JOURNEY(ストレンジ・ジャーニー)
・ラジアントヒストリア
戦国無双 Chronicle
・ドラゴンクエストⅤ 天空の花嫁
・Vitamin X Wvolution

≪Wii≫
THE LAST STORY(ラストストーリー)
・朧村正
パンドラの塔

≪その他≫
あかやあかしやあやかしの

『転落』 永嶋恵美

ホームレスになってしまった『ボク』がある日偶然小学生の少女から弁当を手渡される。
その日より『餌付け』されてしまったボクは少女との奇妙な共犯関係の末に辿る転落の運命。


本屋で偶然並んでいるのを見かけて、ふと気になり読んでみたくなった本です。
第一章『教唆』第二章『隠匿』第三章『転落』という3章から構成されているサスペンス物なんですが、一言で言うと不快。いや、この作品を罵っているわけではなくて、読んでいると背筋がスーッと寒くなってくるような、ジメジメとした少しひんやりとした感覚に陥る。
読み進めていくと、その不快感がじわじわと増していくのだが、それでも深みに嵌っていく様な内容、またそう思わせる作者の手腕は確かに見事なものだった。

サスペンスというからには勿論最後には謎が解けて終わりとなる。
謎が解けて終わると普通はすっきり気分晴れやかな気持ちとなるはずなのだが、この本を読み終わった時にはその様な清々しさとは程遠い、重みをずっしりと感じた気がした。
恐らくそれは私達が誰もが併せ持つ、人間の悪、闇の部分のみで描かれているからである。
他人のいない所での勝手な噂話、子供の頃の大嫌いな相手にいつか仕返ししてやろうという気持ち等、ほとんどの人が経験しているからこその『重み』と、そしてこの小説の主要登場人物がほぼ女性…女性ならではの汚い部分、その苦悩、哀しみ(女性の方なら理解できる方もいらっしゃるでしょう)も描かれている『重み』から感じるのだと思う。

そう、この小説に登場する人物はほとんどの人物が悪意で行動している。
所謂名探偵が登場し、真犯人を当てて警察が逮捕とかいう勧善懲悪的なもので無くて、ほとんどが悪意だから後味が悪いったら無い。
個人的に私はそういう話は嫌いではないので、その後味の悪さも本を読む醍醐味だと思ってるけど、そういうのがあまり好きでなかったり、最後はすっきりさせて欲しいという人にはおススメはできません。まぁこの辺は個人の好みだと思うけどね。

中身的なものに関して、第一章の導入部分から第二章中盤までの盛り上がりやドキドキ・ハラハラ感は見事だっただけに後半である第二章中盤から物語終了までのダレてしまった感には正直残念。
第一章から第二章に読み進め、最初は全く違う短編かと思いきや、しっかりと繋がっていたり段々と『ボク』の素性が明らかになっていき、驚きや感動があるものの、第二章後半からは結局その後どうなったのかが疑問だったり(まあ第一章のラストの少女の動機も今一つわかりませんけども)第三章になると急に失速。現実世界から急に漫画の世界の出来事を描いたのかという位の現実味の無さ。キャッチコピーの『衝撃のラスト』とあるけども…『衝撃』…かぁ?
色んなレビューで『衝撃だった』と言われている方もいらっしゃるので、それは捉え方だったり、サスペンスとしての好みだったりで受け止め方は人それぞれ違うのかもしれません。

各所に謎を残したままモヤモヤ感で終了というこの作品の作風なのかもしれないけども、それを考慮しても消化不良すぎる。
第三章から第一章に繋がるんだろうけども、なぜホームレスになる事になったのか、どう繋がるのか、私は1回読んだだけでは理解できず、3~4回読み返し、ようやく何となくだが解った気がする。
もうすこし、ホームレスになってしまい、人格が崩れてしまったのかの心理描写が欲しかった。

余談になるが、解説をしておられる方がスクウェアエニックスから出ているゲーム『ドラッグオンドラグーン』を手掛けてた方だった。
このゲームは相方君がプレイしていたので、記憶に残っている。
永嶋さんはそのノベライズを担当してらっしゃったんですね。
まぁゲームはプレイした事無いし、これからプレイするかどうかは正直解りませんが…。

そして、第二章で描かれていた介護現場について。
多床の所謂従来型の介護老人保健施設の雰囲気が(その悪い所ですが)非常によく伝わってきていた。
実際に取材に行かれたのかそれとも働いた経験がある方なのか…と思う位に細かいところまで描かれていた印象でした。
現在はだいぶ老人施設の雰囲気も明るくなってきており、描かれている様なあまり宜しくない施設ばかりではないという事を、一応、同じ福祉に携わる者として、介護現場のフォローを書いておきます。

葛葉ライドウ対アバドン王中盤以降

中盤を過ぎると、これまで敵だった弾が嘘のように良い奴になります(笑)

私は中盤以降は本編そっちのけで仲魔育成や別件依頼消化に奔走していました。
これがまたどっちも結構な量なんですよね(苦笑)
仲魔については強くしたいというより、欲しいスキルが有ってそれを覚えさす為には仲魔のレベルを2上げないといけなかったりしたので…(見覚えの成長はかなり重宝しました)
そして折角仲魔にしたのだったらやっぱり忠誠度はMAXにしたいじゃないですか。
それに付き合ってたらライドウのレベルが上がる一方で、よく横で見ていた相方君には「やりすぎだろおまえ」と言われていました。

最終章になると魔人のペイルライダーやカゲボウシには楽勝でした。
カゲボウシなんて経験値稼ぎのカモとなってたし(苦笑)

カゲボウシは持っている武器やかましてくるスキルによって弱点属性が違うんですが、覚えたら何てことは無いです。
忠誠度はそんなに上がらないけど経験値5000以上はオイシイ。
参考までに書いておくと
・カゲボウシのスキル≪紅蓮剣≫≪脳天割り≫≪刀・壊・塵≫:氷結弱点
・カゲボウシのスキル≪雷電剣≫≪磁霊龍牙突≫≪磁霊龍雨突≫:衝撃弱点
・カゲボウシのスキル≪疾風剣≫≪メギドラオン≫≪磁霊金剛壊≫:火炎弱点
だったと思います。

ライドウの最終的な性格は『正直者』でした。
自分の気持ちに正直でいられるがそれゆえに周りに敵を作りやすい…だそうです。
実際の自分はどうだろう…。
ゲームだからって言いたい放題だったしな(笑)

最終戦の前にジャンボ茜と対戦。(ライドウの性格によってここは変わるみたいですね)
「楽になりたいからアンタ死んでつかぁさい」って、大概だなオイ…。
この人はお伴のモトにタル・カジャを使ってるだけだったからモトを倒すのにショックウェーブかマハ・ジオダインを放ちまくってたらいつの間にか倒してました。

茜を倒した時点ではまだ、地上に戻れるので、アイテム(特に宝玉、生玉)は絶対に揃えてから出直した方が良いです。
お金が足りない場合はヒロ右衛門を持たせた上級仲魔を連れ歩いて換金用のアイテム(テーベの石壺とかバビロンの石板とかクレタの女神像とか…)拾ったり見覚えの成長を持たせたアマツミカボシを管に入れてウラノスストーンを狙って稼ぎましょう。

シナド1戦目:属性は可変。コロコロ変わるからさっきまで弱点だったのに次攻撃したら吸収されたとか結構あったから旨く戦わないとMAGの消費が半端ないです。でもまだ1戦目はマシ。
シナドが放ってくるコロナロッドは仲魔召し寄せてガードと回避で極力避ける。当たると結構痛い。
私の仲魔はジーク・フリードとメタトロン若しくはヴィシュヌ、シヴァ辺りでした。

シナドの柱とサイコアポリオンはメタトロンの持つメギオラオン2~3回で撃破。

シナド2戦目:こいつがヤッカイ。運喰い虫は持てるだけ持った方がいいと思います。私は1匹も持っていなかったのでおみくじで泣きそうでした。私は当たらなかったけど『仲魔全員死亡』に当たったら悲惨だ…。とりもちは山ほどあったのに何をやっていたんだ私は…(多分悪魔合体で魔人フィーバーを狙っててそのままだった)ソーマ(最大所持数が1って…)でいったん回復して戦いましたがここでも属性可変だからMAGは見る見るうちに減っていきました。弱点を100%当てていくのははっきりいって無理(爆)
当たるとHP1になるジャッジアイには要注意です。コツさえつかんだら十分に避けれますがね。横方向に逃げてたら当たりにくいです。
他の全体技(後光はガード不可ですが)はある程度味方のHP保ってたらガードで十分凌ぐ事は出来ると思います。
最後は蛮力型2体でフルボッコ。
最終的にはジーク・フリード、マハカーラに頑張ってもらいました。

此処を超えるとエンディングを迎え、2周目に行きたい方は2周目へ。
私は…とりあえず他の溜まってるゲームが有るので2周目はまた忘れた頃にでもやろうかな。。

ライドウの最終的レベルと仲魔一覧

葛葉ライドウ LV92 管20本 

・べリアル(紅蓮)
・オオヤマツミ(氷結)
・コウリュウ(雷電)
・ヴィシュヌ(雷電)
・メタトロン(疾風)
・ジーク・フリード(蛮力)
・マハカーラ(蛮力)
・シヴァ(蛮力)
・ベルゼブブ(外法)
・アマツミカボシ(技芸)
・トウテツ(技芸)
・ベルフェゴール(技芸)
・アリス(魔人)

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。