Secret*+*Code

当ブログは移転いたしました。詳細は最新記事をご確認ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遙かなる時空の中で5 ファーストインプレッション(ネタバレはしてません)

序章までをざっくりやった所です。
どんな感じかサクッとプレイしただけなので、今後の進み具合によっては評価も変わってくるかもしれません。
あくまで現時点での第一印象みたいなものなので悪しからず。

物語的にはまだ序盤なのでまだ何とも言えません。
龍人の神子が怨霊を封印する辺りは4より3に近い印象を受けました。
まぁ始まったばっかりですし、物語を進めて行く内に「あれ?3とは全くかけ離れてるよ」みたいな感じになるかもしれんせんがね。

ある日普通の生活を送っていた主人公が、突然何らかの衝撃で異世界へと飛ばされて、そこで白龍の神子だ云々言われる辺りはこれまでと一緒なので、別に何も言う事は無いです。(4は若干違ったか)
4では空気みたいな存在だった黒龍の神子が今回は序盤から出張ってて、嬉しい人は嬉しいかもしれません。
キャラの好き好みは置いといて。
選択肢によって☆の満たされていったり、戦闘で☆が満たされていったりこの辺も前作、前々作と変わらない印象です。
ただ、各キャラの心の結晶を集めて各キャラの章を出していかないといけない訳で、神子のメモ的なもので人物情報画面で各章を出すヒントは貰えます。
この辺での話の進めやすさは現時点では何とも言えません。
システム的にややこしそうな気もしないでもないですが、まぁ何とかはなるでしょう。

バトルも含めてシステム的な事は序章でみっちりとチュートリアルで教えてもらえるので心配はいらないでしょう。
3,4と違うのは戦ってる姿が見られません。顔アイコンしか無いです。個人的には別に問題は無いけど、あーでも、守ってくれたりする時の姿がどうなるのか解らないので…。男性陣(都含め)の戦ってる姿は見たかったかも。
別に何が分かりにくいという事も無く、現段階で不明な点も物語を進めて行く内に多分、解ってくると思います。

主人公は…うーん、どうでしょうね。
好みによって評価は分かれるでしょうけど、3,4の神子の様な凛々しさは今の所あまり感じられません。
私個人的には戦う事の出来る茜の印象です。
まぁ序章の彼女しか見てないのでこれから印象は変わっていくと思いますけどね。
主人公と同じくして現代の世界の住人が2~3人一緒に異世界へ飛ばされる辺りは遙かのこれまでの流れと一緒ですね。

新たな遙か…という訳でもなく、印象としては4に近い部分もあるし、3に近い部分もある。
ガラッと何かが一新された様な印象は今の所無いです。
声優さんの交代自体に関しては、前の日記でも言った様に私からは特に何も言う事はありません。
ただ、ゲームをプレイし始めて、そんなに違和感は無いのが私個人の印象です。

少なくとも、早く続きをやってみたいと私個人としては、そう思えています。

スポンサーサイト

幻想水滸伝 ティアクライス ファーストインプレッション

とりあえず一時間半ほど、最初のミッションを終えた所までプレイしました。
まぁ、何度かプレイしては最初の方で放置のゲームだったんですけども、今回こそは最後まで頑張りたいと思います。

物語的には序盤なので何とも言えないんですけども、これまでの幻水とはやっぱりちょっと雰囲気は違います。
村の自警団の少年達が、あらゆる事件や物事に巻き込まれてやがて大きな敵に立ち向かっていくお話なんですけども、その主人公も何だか訳ありの様子。
その辺の事情は今後物語を進めていく内に明らかになっていくのでしょう。
幻水には珍しい、個性がわりとはっきりしている主人公。
会話の中に時々、選択肢は出てくる所は前作と同じです。
幻水らしからぬと思っていても、やっぱり音楽や世界観は幻水だなぁと思わせてくれるそんな印象です。

バトルもこれまでの幻水とほぼ一緒で、通常攻撃、防御、おススメ攻撃、協力攻撃とコマンドを入力してターンで戦闘を進めていきます。
協力攻撃を見ているとやっぱり幻水っぽさを感じますね。
そして、幻水といえば、何といっても魅力は数々の紋章魔法…と言いたい所ですが、このゲームでは紋章というキーワードは全く出てきません。紋章の代わりに星の印というもので魔法が使われる事になります。
ちょっと寂しい気もしますが、別段やりにくい事は無いですし、これはこれでいいのかもしれません。
今の所、戦闘でやりにくい事はありません。普通にやってれば、普通に戦えるシステムになってると思います。

グラフィックはDS…やっぱりあんまり期待はできませんね。PS3やPSPに慣れてしまってると、やっぱりちょっと粗いですので、グラフィックを期待して買われる方はちょっと粗さが気になると思います。
私はそんなにグラフィックに関してはあんまり気にはしないのですが。
でもやっぱり綺麗とは言わなくても、大きな画面でプレイしたかったのが本音です。

移動に関しては、村や町の中に入ったら、コマンドで行きたい場所を選んで移動するんですね。
例えばAの村の雑貨屋に行きたいならAの村までRPG画面でエンカウントしながら辿りついて、そこからは『雑貨屋』というコマンドを選ぶと。町の中もウロウロしながら雑貨屋や武器屋や、仲間を探したい私にとってはちょっと物足りない気もしないでもないです。

新たな幻想水滸伝、今までとはちょっと違う幻水の世界ですけども、やっぱり幻水らしさも垣間見える感じというのが私の、率直な今の感想です。
どんな幻水の世界を見せてくれるのか、非常に期待できると私は感じています。

最後の約束の物語:ファーストインプレッション 序盤のレビュー

とりあえず2~3時間ほどプレイしました。
序盤の印象とか感想とかをざっくり書いてみたいと思います。
まぁ、あくまで序盤なので、また今後印象とかは変わってくるとは思いますけどね。

物語的には、まぁ何とも言えないんですが、偉大な国王から、後継者と指名された主人公ウォルフが、新米指揮官として頑張っていく話。いや、違うかもしれんけど、今の所そんな印象です。

よくあるっちゃあ、よくあるんだけど、このゲームの主体が、滅びゆく国の最後の一日、残された民やメサイア(王室の騎士?)がどう生きるか…という感じ。
たいていゲームって、目の前にある問題をこれからどうやって解決していこうかと始まると思うんですが、これから滅びゆく国の最後の一日を描いた物語というのは、斬新なもんだとは思います。

キャラは今の所、普通。
主人公のウォルフは、実直で真面目な好青年といった印象。
まだ数人しか出てきてないけど、サブキャラに関しては、王道かな。
主人公の親友がいて、ヒロインがいて、主人公にちょっと反抗するキャラがいて。
ただ、今の所、主人公とヒロインのセレス以外はあんまりコミュニケーションが無いから、イマイチ仲間って感じが薄いんだよなぁ。

話の進め方は、ミッションを受注して、それをクリアしての繰り返し。
今の所は、同じマップを何度も行き帰りしてるだけです。
それも、ミッションを受注したら、その場所は、細かく説明してくれるし、人を探しに行くものだったら、御丁寧に印もあるし…良く言えば親切、悪く言えばただの作業。
ストーリー自体がそれをどうカバーしていくか、もしくは、中盤から難しくなったりするのか…まだまだその辺は解りません。

バトルは、コマンド形式で、攻撃やスキルを選んでいきます。
ただ、ただ攻撃を適当に選んでいけばいい訳ではなく、敵も敵で、こっちのHPが少ないキャラとか回復キャラを狙うとか頭を使ってくるので、こっちも考えて行動しなければいけない訳です。
そして、レベルを上げてスキルポイントを稼いで、キャラ達のスキルを覚えたりレベルを上げたりしていくわけです。
バトル中はリゼットがナビゲートで喋ってくれます。ペルソナをやってる方からすれば、見覚えがあるのではないでしょうか。

ゲームの取っ掛かり、若干唐突過ぎる印象は受けましたが(いきなり一国が終わる寸前で、国王から大事なものを引き継ぐその過程がすっ飛ばされてるから、ウォルフが騎士団長になるって話も降って湧いたようなかんじなんですよねぇ)
ゲームの大筋のネタや雰囲気、世界観はかなり良いので、これから、滅びゆく国の最後の一日にどんなドラマがあり、展開が待ってるのか、気になってはいます。

ニーアレプリカント やり始めの感想

とりあえず、初めての狩りやら依頼やらをこなした所です。
1時間半ほど遊んでの感想ですので、まだ序盤ですが、現時点での印象を書いてみたいと思います。

物語的なネタバレはしませんのでどうぞ。
いや、序盤だからネタバレもクソも無いと思うけども。

オープニングから、あんまり明るい雰囲気ではありませんね。
いや、寧ろ暗いな…(苦笑)
おそらく、このニーア・レプリカントの世界観がこんな感じなんだろうな。
私は嫌いではないです。

物語的にはまだ何とも…。
幼い兄妹二人で暮らしているニーアとヨナ。
病弱な妹ヨナの為に頑張るお兄ちゃん…みたいな感じ(大ざっぱ過ぎる)
一番びっくりしたのは、このニーア・レプリカントの舞台が日本だったという事です。
現代から1412年後らしいです。
地味に東京タワーがチュートリアルで出てたのには笑った。
スカイツリーじゃないのね^^
いや、どうみたってどこか良く解らないヨーロッパっぽい異国の地だろ(笑)
この記事書くまでニーアのあの世界が日本の東京だという事はすっかり忘れておりました。
まぁそんな事はどうでも良いですね。

キャラに関しては、今の所、主人公のニーアと妹のヨナしか出てきてないのですが、悪くはないです。
村の人達にお世話になってる事はちゃんとニーアは理解してるし、お礼も言える。
一瞬、某アニメの某兄妹を思い浮かべましたが、すぐに撤回。(何のアニメかはちょっと伏せておきます)
移動時、ニーアが走ってると時々村の人からすれ違い様に声掛けられるんですよね。
それも、よく慣れ親しんだ田舎とかで目にする様な、取り留めの無い言葉。
何か妙に現実味があって、ちょっと温かみを感じました。良いですねぇ。

グラフィックは、直前までちょっと昔の作品をやってましたので、綺麗に見えます。
基本的に私はグラフィックの綺麗さはあんまり気にはならない方なのですが、PS3にしてはちょっと質が落ちてるのかなぁとは思いますが、このゲームの雰囲気に合わせる為にわざとなのか、そうでないのかは現時点では定かではありません。
が、移動時のカメラワークとかが、まだ慣れてないせいかちょっとやりにくいです。チュートリアルの戦闘で結構このカメラワークで苦労しました。
上下左右を反転したらマシにはなったけどね…。

バトルはアクションです。
通常攻撃と、黒の魔法攻撃が使える様です。
適当に突っ込んでって力押しでどうにかなる様なものでもなさそうです。
バトルに関してはまだ理解しきれてない部分もたくさんあるので、現段階では何とも言えませんが。

他に気になった事と言ったら、マップが若干見辛い。
これも慣れたら自分がどこにいるのか解るんだろうし、まだ次に行く所に赤い×印が付くので解りやすくはなってます。

全体的にダークな印象は受けますが、これから話が深く進んでいったら、やりがいのありそうなゲームだとは思います。
私は、続きが楽しみですし、ガンガンやり込んでいきたいと思えるようなゲームだと思いますよ。

HOME このページの一番上へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。